モーツァルトを嫌いにならないために…

生まれて初めてレクイエムをコンサートで聴いた。モーツァルトを嫌いにならないためには、ぜひコンサートに足を運んでもらいたい。
モーツァルトは癒し系の音楽?
 今年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2006」のテーマ音楽家はモーツァルトだった。ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
 35年の生涯で700曲近くを作ったといわれるこの音楽家が、このところ国内では人気である。それは今の日本がこの音楽家の存在を受け入れる土壌があるからなのだろうか。「癒し」系音楽の代表のようにも紹介されたりしている。そういった部分もあるかもしれないが、モーツァルトの曲のいくつかは耳から入って、頭をずいぶんと刺激してくれる。
 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンそのものは、5月の(人によっては)黄金週間中に東京国際フォーラムで開かれる音楽をテーマにした、フェスティバルコンサートで、昨年がその第一回め。
 昨年から決めていたのだが、今年はここで午前から夜10時すぎまでほとんど丸一日を過ごしてしまった。
 多くのコンサートが開かれ(有料。ただしとても割安)、その他に無料(いずれかの有料チケットを購入することが条件)コンサートも行なわれた。無料コンサートでは東京藝術大学有志オーケストラと、アントン・トレンメルの指揮による演奏を聴いた。
 コンサートの行なわれるホールは、今回だけモーツァルトにちなんだ名前が付けられており、全部で6つ。驚いたことにそのほとんどのチケットは売り切れの状態で、ようやく購入できたのは「アマデウス」と名付けられたホールAで行なわれる、午後8時45分からの「レクイエム」だった。
 このホールは5,012席というかなり大きなホールで、当日券だったためかステージからかなり離れた2階席(丘の頂上から見下ろすような感じ)となってしまった。こういう席から聴くとこもった音になるのがふつうだが、それはそれほど気にならなかった。よりよい席ならかなりよかったのだろうと想像される。
入り口の様子。この広場のBGMはピアノ協奏曲21番。うーん、ちょっともったいない(笑)。
無料で聴けるコンサートも行なわれていた。しゃちほこばらずに音楽を楽しめる雰囲気で、演奏前にはサンドイッチを食べたり、いなり寿司を食べている人がいた(なぜかすごくおいしそうに見えた)。会場では大塚製薬の新製品の栄養食品「ソイジョイ」を配る女性もいた。オーケストラは東京藝術大学有志、マイクで解説しているのはアントン・トレンメルさん。交響曲第29番を演奏した。

だれも席を立たない
 ソプラノが谷村由美子、アルトがV. B. ビュクス、テノールがV. コンタルド、バスがS. インボーデン、演奏はシンフォニア・ヴァルソビア、指揮はコルボ。そしてバックには33人のローザンヌ声楽アンサンブルが控えるという陣容だった。繰り広げられたレクイエムは、なんと哀しく、そして沈痛な曲想である。始まりは「入祭文」ではなく「怒りの日」からだった。主題を何度か繰り返す内容はロンド形式というそう。
 ステージから遠い2階席だったにもかかわらず合唱者の表情は良く見えた。というのも、こういうときのためのビクセンの双眼鏡を持っていったからである。これがなければ音は聞こえても表情などまったく見えなかったろうし、ステージで独唱者が椅子に座ったりしたのもわからなかっただろう。コンサートはもちろん音楽を聴くためにいくわけだが、目で見ないとやはりおもしろくない。
 モーツァルトのレクイエムは深いけれどもどこか軽快な感じがする。同じレクイエムでもフォーレによるものは限りなく深遠な、重厚で、それこそ来世の感じがするのだが、それでも実際にこの夜聴いた合唱・演奏は文句なしの素晴らしさだった。
 終了予定時刻をかなり越えてしまった(午後10時をまわっていた)が、ほとんどの観客は席をたたなかったのである。残念ながらアンコールにはこたえてくれなかった。
開演前の様子。席から見るとステージはこんな風に小さく見えた。肉眼で演奏者の表情を見ることはまず無理。
モーツァルトを嫌いにならないために…
 今の日本では何かというとすぐモーツァルトで、癒しの音楽、頭・体にいい音楽として紹介されることが多い。さらには動物に聞かせたり、果ては野菜や植物の栽培、日本酒やワインの仕込みにも使っているとも聞いた。
 モーツァルトに限らずどんないい曲でもあらゆる所で毎度のように聞かされていては、さすがに飽きていやになってくることもあるだろう。そしてやがて聞きたくなくなってしまうのではないだろうか。
 たとえばもしスーパーマーケットのBGMで聞いた曲を、自宅の部屋で落ち着いてまた聞きたいと思うだろうか。あまり同じ曲は聞き過ぎない方がいいと思うが。あまりにもモーツァルト一辺倒では、せっかくの曲がもったいないように思うのだがどうだろう。また音はもれてしまうので隣の部屋で聞いても何となく聞いたことになりがちだが、モーツァルトはちゃんと向かって聴いた方がいい音楽が多いと思う。 
 「モーツァルト市場」ではグッズや物産そしてCDなどが売られていた。グッズは衣類やハンカチ、装飾品、バッグ、筆記用具などなど。物産はワインや紅茶、チョコレートなどが多かった。こういうものは見て歩くだけで楽しい。 (2006年5月14日)
見上げると東京国際フォーラムの天井は不思議な形をしている。船をかたどったということだ。
 せっかくなのでモーツァルトの曲ベスト5を選んでみた。もちろん個人的に選んだものなので理由は「好き」という、それだけである。演奏者も含めてこれらの曲が好きである。思いつくままに選んだので、少し経てばまた変わるかもしれない適当な選び方である。ただし、聴いてみて本当にいいと思う気持ちそのものは適当ではない。

 1・交響曲第40番
   ヘルベルト・ブロムシュテット指揮
   ドレスデン・シュターツカペレ
 2・シンフォニア・コンチェルタンテ
   アイオナ・ブラウン指揮・バイオリン
   アカデミー室内管弦楽団
 3・ピアノ協奏曲第24番
   ヴラディーミル・アシュケナージ
   フィルハーモニア管弦楽団
 4・ヴァイオリン協奏曲第3番
   アンネ=ゾフィー・ムター
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 5・ピアノ協奏曲第20番
   フリードリヒ・グルダ
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
若い女性バイオリニストたちが無料コンサートを支えた。モーツァルトが単にブームで終わらなければいいが。