レクサスの新デザイン
レクサスは第2章に
 さて、レクサスは第2章に入りつつあるようだ。
 2005年から国内登場したレクサスは、GS、IS、SC、そしてフラッグシップたるLSがデビューして、今では他の車種も揃えている。それなりの結果を出していると思われるのだが、レクサス自身は不満だったようで、デザインの方向性を大幅に変えつつある。

 新しいGSで見せた新生レクサスの象徴だという「スピンドルグリル」。これはどうだろう。みな好きだろうか。いや「みな」でなくとも富裕層はどう思うだろうか。メルセデスベンツ、BMW、あるいはアウディらと比べてどう感じるだろうか。
 アピールするためのフロントのデザインは、アグレッシブでダイナミックで、好きな人もいるかもしれない。デザインは好みの要素があるだろうからあまり言及してもしかたないかもしれないが、問題とすべきは、レクサスがデザインの方向性を変えて、欧州ライバルと同じ方向を目指そうとしていることだ。それがレクサスの進むべき道だったのだろうか。これがレクサスが本当に作りたかったデザインなのだろうか。

存在感の弱さ
 レクサスが国内デビューして、一部のジャーナリストから言われ続けたのは、控えめななりたちによる、主張・存在感の弱さだった。いわく、それで欧州車と戦っていけるのか、と。
 でも実際、存在感はあったと思う。アリストから受け継いだモチーフをモダーンでスマートにしたGSの、中型サイズでありながらパーソナルな雰囲気もあるという、いかにも丁寧なデザインは悪くなかった。7年経過しても古くさくならなかったのはISも同様で、全面にスポーティーさを押し出してはいたが悪くなかった。当時のGS、IS、そしてLSは、欧州車と存在感の方向性が違うことが良かった。彼らとは違う爽やかさに通じるようなデザインだったと思う。それを進化させていけば、彼らとは違う個性に成り得たのではないだろうかと期待できたのだ。
 当時、実はGSとISも試乗してみたのだが、それはエグザンティアの後継にと考えていたからである。謳っていた高級はいまひとつピンとこなかったが、機能の良質な部分が自身の好みにあうなら、それこそメーカー、国籍は問わないと思っていた。その結果選ばなかったのは、乗り心地に、共鳴する部分が少なかったからだ。それはともかく、デザインはGS、ISともに悪くなかった。室内の天地に工夫が欲しいとは思ったが、その方向性を進化させれば良かったと思う。
 それが結局、レクサス自身がまわりの意見を真に受けて、正直に「戦う」デザインを選んでしまった。今度のGSやLSに見られるスピンドルグリルと、テールデザインも外への広がりを意図的に感じさせるようなデザインは、スマートさとは離れてしまったように見える
。レクサスはそれほどまでに欧州車コンプレックスだったのか、欧州車と同じ土俵に上がりたくなったのか。
 これまで築き上げつつあった欧州車とは異なる高級へのアプローチは、おそらく欧州勢に脅威を感じさせていたと思われるのに、そういう部分を忘れて欧州車と同じ方向を向いてしまったのだから、今回のデザインを喜んでいるのは欧州メーカーだと思う。「これで安心した」と。

揺らぐレクサス
 レクサスの目ざしたものはたとえばアウディのシングルフレームだろうか。少し前にはVWもワッペングリルなるものを採用したことがあったが、あの種の自己主張の強い、車種を問わず同様のグリルで印象づけるものがほしかったのだろうか。ともにまったくいいと思えないあのようなものを。そのスピンドルグリルをGSだけでなくビッグマイナーチェンジでLSにも入れてきた。なぜ途中でこんなに形を変えなくてはならないのだろうか。この手直しは整形・厚化粧もいいところで、痛々しいようにさえ感じてしまう。
 前GSはそのモデル期間を通じて大幅な外観変更を行わなかった。しっかりとレクサスを確立させてきていると思われた。それが新GSやLSの大幅外観変更は、揺らぐレクサスとでも名付けたいほどだ。
 大事なのは、独自のものであることと、美的なこと(これはデザインをあまり変えないことを含む)、そして進歩的なことだ。その結果レクサスの存在感が出てくると思うのだ。この「美的なこと」をレクサス自身捨て去ろうとしているのに気がつかないとしたら残念なことだ。これだけ外観を変えてしまうと内容がいかに上質になったとしても、ぶれて弱くて表面的なものに思えてしまう。できれば外観はデビュー時からまったく変えずに内容だけを変えて欲しかった。
 時代は徹底的に無駄をなくしつつある。デザインでも無駄なラインや造形のないものであれば外観の変更は不要のはずだし変えない方が今やずっとかっこいい。売りたいがためメーカーの都合だけでビッグマイナーチェンジが許される時代ではないし、トータルとしてLSで行ったことはまったく無駄としか見えないのである。もし内容をしっかり見直した変更で外観は何も変えなければ、それはさぞかしりりしくてかっこよくて時代をリードするものだったと思う。それが今回のやり方をしているようでは、確実に、そしてまた言われるだろう。「レクサス? ああしょせんトヨタでしょ」と。

レクサスだけの良質さを
 来年以降に出るであろうISも同様のグリルを備えるのであろう。日本発の、個性的で爽快な良質セダンになっていくのは夢なのだろうか。レクサスにはそれが可能ではないかと思わせる時期もあったと思うのだが、売れないことがすべてを越えて行くのだろう、か。
 世界に出るということは見える範囲で自己主張を強めることだけではないはずだ。欧州車には望めない爽やかな、透明で、クールな車になってもらいたいのだ。どうすれば売れるかではなく、どうデザインすれば美しいかを改めて考えてもらいたいのだ。
 レクサスは、高級ではなく「良質」を目指すべきであると思う。いまどき高級というのは、ことばからしてどこかピントがはずれているように感じてしまう。少なくともそれを目指すのはあまりかっこいいものではないと思う。今まで築きつつあったのは気付かないうちに「良質」だったのではないか。それをこわしてしまうのはもったいないと思う。目に見えにくい部分でも感触や安全にかかわる良質さを目指す。これが世界で認められる要素ではないだろうか。もはや今回は間に合わないだろうから、(はやくも)次のレクサスには日本車だけの良質を期待したいところだ。

              (2013年1月2日)
レクサスGS450h。このグリルが象徴だというのだが…。好きな人は、いないことはないだろう。
リアランプは、ボディーの形状とマッチングが今ひとつで、まとまり感に欠ける。
フロントは立体的で、空気をがっちり受け止めるようだ。雪道ではラッセル車のようにならないだろうか。
LSの厚化粧は相当なもので、それはだれにも負けない変ぼうぶりだ。旧型ユーザーに説明はつくのだろうか。
RXもすごい。うすをフロントにくくりつけたような和風ダイナミックデザイン(!?)だ。これはもう少し溶け込むようにはできなかったろうか。レクサスの言うL-フィネスとはこれなのか。
これがこれまでのレクサス。もちろん現行車種だがまもなく旧型になってしまうIS。ずっとスマートなのに…。それでもデビュー時の方が、より美的だったと思う。レクサスが、トヨタ自身が思うほど売れていないのなら、売れるように手直しすべきではなく、むしろデザイナー・設計者の理想主義的なものを実現すべきなのだ。せっかく「トヨタ」ではない名前を付けたのだから、そしてどうせ今売れていないのなら、レクサスを自由にさせて(それはトヨタ自身の余裕でカバーしてあげてほしい)、車の理想を追ってほしいのだ。デザイナーが考えうる理想の内外装デザイン、パワー・環境性能を最高水準で両立させたエンジン、極上の操縦性能と乗り心地のサスペンション、最新の安全装置を備えることができれば、すぐにではなくともユーザーに必ずアピールしていくと思う。