秋の蓼科
 3週間ぶりの蓼科行き。蓼科の今はもう秋、これからが狙いめ
 
早朝の都内は涼しく、それが中央道を走るに従い暖かくなり、そして蓼科に到着すると…、
 やはり涼しく、さわやか!。
■ゴルフ場のエグザンティア。そしてバーベキュー
 ゴルフ場の駐車場で、地元の知人からの連絡を待つエグザンティア。クラブハウスは広くてゆったりのスペース。手持ちの双眼鏡でゴルフ場のはるか向こうに広がる景色を見ていたら我が土地の近くまで見えた。
 メルセデスベンツやセルシオ、シーマ、レジェンドなどに混じって、エグザンティアが新鮮に見える。シトロエンに乗る人でゴルフをやる人はいないせいか(そんなバカな)。まあ、それはともかく、このあと皆とバーベキューをやったのだが、問題はどこでやるか、だった…。
 右の写真のバルコニーがバーベキュー「会場」。コスモスがいっぱい。右下が少し角度を変えて写したもの。その下のエグザンティアの写真は会場の駐車場。雨あがりの情景。
 午後7時の約束時間に合わせてH
さんは、コールマンのグリルに炭を入れてあたためていた。ビールをすでに飲みながら。私たちは東急リゾート近くの温泉に入り、買い出しに行きすぐ会場に向かった。ところが周辺はもはや真っ暗で、私たちはよくわからず、最初Hさんの自宅に行ってしまった。そのあとKさん夫妻も愛車で到着。
 夜空をあおぎながらのバーベキュー。大きな蛾が飛んでくるので、少し離れたところにおびきよせるために明るい照明をつけてくれた。それでも蛾は飛んでくる。
 Hさんが言うには、名古屋のお金持ちがどうしても蓼科の温泉に来たくて、フェラーリも持っているのだけどそれでは時間が足りないので、ヘリコプターでここに降りていいかときかれたことがあったという。リハーサルの写真まで見せてもらったのだが、今にもここに降りようとしているシーン。雨上がりのエグザンティアが止まっている写真の、この場所。結局住民のクレームなどもあって実現はしなかったようだが…。
 私が冬にかもしかを見た話をして「昔、パブリカがハイウェイのかもしかっていうコマーシャルやっていてね」と持ちかけたら「そうそう、そうだねえ。はじめ700、そのあと800ccになって、そのあとでしょ? あれおやじが使っていてねえ」と、私と同じ境遇だったことを言っていた。
 「でもかもしかって、あのブタみたいなやつだよ」とHさん。よくかもしかのような脚とかいうでしょう。実際どうだっけかなあ。
 おいしい枝豆はKさんが茹でてきてくれたもの。トマトは完熟。もぎたてとうもろこしはコールマンのグリルで蒸し焼きに。これは本当に甘くておいしかった。とうもろこしの味はなぜか子供のころを思い出させてくれる甘さがあるのだ。これは新鮮な筍にも通じるおいしさだと思う。
 楽しい時間というのはあっという間に過ぎる。午後7時過ぎから午後11時近くまで食べて飲んで(もちろん私はアルコールは飲みません)の時を過ごした。その後私たちは土地へ向かったのだった。
会場。コスモスの中に渡した白樺の木は、一見そうは見えないけど切り口を白で塗ったり、根元にもHさんらしい工夫がされている。
上)コスモスの薄い色がいい
下)通り雨に打たれたエグザンティア。全長4445ミリメートル、全幅1755ミリメートル。リアウインドウからテールにかけての形が気に入っている。
■小屋の完成
 朝起きてみると、小屋の室温は約19〜20度あり、適温で寒くも暑くもなかった。ただし、これで果たして何月までやれるかだ。11月くらいまでかな。
 朝食をとり、小屋の塗装の残りを仕上げ、ついに完成となった。そして草刈りをして、カボチャ、きゅうり、とうがらしを収穫。
 どういうわけか私たちが蓼科に来ると暑い日が多かったように思うのだが、この日も日中は暑いくらい。
 このあとバラクラ・イングリッシュガーデンに行ってみることにした。
エグザンティアはドアを開けたときの形がいいと思う。カプセルというかキャノピーというか、そういう適度に囲まれた心地よいものの形をしていると思う。今回はあまり他のシトロエンに出会うことはなかったのだが、午後から行ったバラクラの駐車場で、赤のZX(ブレーク)を見かけた。初期型のZX。どういう人が乗っていたのかな?
水が余ったので、汚れがちな前輪のホイール周辺を水拭きした。ホイールがきれいになると気分がいいものだ。
「炉」は池になっていたはずだが、いつのまにか炉に戻っていた。雨が少なかったせいだが、できたら、このままでいてくれればと思う。
完璧に(?)仕上がった小屋。緑と茶色の、落ち着いた外観。大人二人が充分宿泊可能だが、実は作ってくれたHさんはまさかここで泊まるとは思ってなかったようで、作っている途中で私たちが「ここで泊まれるなあ」と言ったのを聞いて、急きょ、そのようにしてくれたのだった。
■花屋さんにて
伴侶はどうしてもコスモスを植えたいというので、茅野市内の花屋さんに行ってみた。ところがふだん道ばたで見るのは原種であり販売はしていないとのこと。
写真は花屋さん側から撮ったもので、都会にはない大きなこの店では、地方発送までやるというので義母に敬老の花を贈った。

■秋のバラクラ イングリッシュ ガーデンにて
 1990年にオープンしたガーデン。行くのは何度めかだが、いくたびに変化があり、今回行ってみて、あらためてここはどんな人でも楽しめると思った。実際、とても混んでいて、なかなか駐車場に止められないこともある。
 今回は庭にくわしい知人がきてくれて説明してくれた。近くにあった花を指して「この名前は?」と聞いても即答が返ってくる。詳しい人はすごいものだ。
 ガーデン内で伴侶はケーキと紅茶のセット、私のセットはもちろんスコーン。これがおいしい。ふだんはほとんどコーヒーだけどここでは紅茶がおいしいのはなぜだろう。
 周辺環境のせいか、もともとおいしい紅茶なのか。スコーンはとても人気で、数分待ってようやく受け取った焼き立てスコーンは本当においしい。クロテッドクリームとジャムを塗って食べる。
 せっかくなのでバラクラの本を一冊購入。新刊で、季節の変化や美しい写真が満載で楽しめる内容。特に冬の景観が印象的で、ぜひそういう季節にまた訪れたくなる。
「ケイ山田のイングリッシュガーデン」
(NHK出版 1600円+税)
このような説明のプレートが付けられている。名称だけでなく、楽しみ方も書かれている。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢

最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア