今、あらためて見入る紅葉
  紅葉。夏から秋へ、山々が紅く変わることは知っていても、よーく見たことはなかった。
  今回は、季節はこんな風に変化していくのだなあという思いだった…。
  96年式シトロエン エグザンティアの総走行距離は75,308kmになった。今回も故障もせず
  
燃費は12.8キロ/リッター。
■秋の蓼科
 短いけど、魅力的な季節をエグザンティアで楽しむ
 前夜は午後9時ごろまで仕事に追われ、急いで帰宅してエグザンティアの窓とライト類を掃除した。翌朝5時半には起きて、ところどころ、数カ月ぶりにかけたワックスの塗りむらが白くなっているけれど、気にせずに出発。渋滞もなく順調に諏訪インターへ。今回は日帰りなので、水も東京の自宅から持参した。
 3週間ぶりにおとずれた蓼科小屋=写真下=は、汚れもなく、到着を待っていてくれたかのよう。
蓼科の「蓼科の小屋」に向かう道にて。同乗者とは「ここから現地まで自転車でもいけるかも」などと話していたりしたのだが、実際はまだまだ数キロの距離があるし、ずっと登り道なので「無理だねえ」という結論に達した。
■即席タープづくり
 エグザンティアのテールゲートを開けて、小屋とシート(実はシャワー用のカーテン)を渡したら簡易タープのできあがりというところ。でも、たったこれだけでも日陰ができて、椅子に座ってみても落ち着くものだ。
 そのままでは高さが少し不足するので、エグザンティアの車高を上げてつないだ。これでちょうどよくなった。エグザンティアの車高は、最低と最高で約20センチの差がある。
 エグザンティアの取扱説明書には「重い荷物を積むときには車高を下げて…」とある。先日出た新プリウスは同様にハッチバックにモデルチェンジされたのだが、見に行ったら床はかなり高い。それに比べるとエグザンティアはわざわざ下げなくても低いので、荷物の積み降ろしなどはとてもしやすいものである。ここに座り込んで、なんだったら「お茶」することもできる。雨が降ったらそうしようかと思っている。
全体形はこんな感じ。土地の様子からしても秋になったことがわかる。紅葉ももちろん始まっている。
■プロの技と新しい出会い
 Hさんの事務所に向かい、塗装中のログハウスを見せてもらった。もちろんプロの塗装屋でありさすがにきれい、ていねい。細部を先に塗り、フラット面をあとからというやり方をよく見せてもらった。刷毛は3種ほどを使い分けて、さっさと塗っていった。
 左の写真でエグザンティアの後ろ側がその展示場になっているのだが、一番左側が以前からあったもので、貸しスキー・スノボ店。その右に3棟並んでいるのがわずかに見てとれるだろう。塗りを行なっていたのはその2番め。全体が薄めの茶色で、窓の周辺はペパーミントグリーンのような、九州で見かけるような明るい青緑だった。
 ずっと見ていたら別のお客さん(ご夫婦)がやって来て、「○○○リゾートってここなんですかあ。ええ知ってますよ。『夢丸』読んでますから」という話から、いろいろ聞いてみると私たちの土地のすぐ近くに住んでいる方で、いろいろな考え方や境遇もよく似ていることがわかった。最後にはありがたいことに「工具や芝刈り機が必要なときは来てくださいね」と言われた。
ジェイリゾートにて。ここがログの展示場にもなっている。向こう側の茶色のログは冬には貸しスキー屋になったりする。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア