紅葉の蓼科
  96年式シトロエン エグザンティアの総走行距離は75,308kmになった。今回も幸いなこと
  に故障もせず走ってきた。今回給
油分の燃費は12.8キロ/リッター。
■蓼科の紅葉
 黄色、赤、茶、緑の共演
 紅葉は「こうよう。秋に葉が紅色に変ること。また、その葉。もみじ」と、辞書にはある(広辞苑より)。
 夏から秋へ、山々の色が変わっていくことは知っていても、よーく見たことはあまりなかった。今回は、こんなふうに季節は変化していくのだなという思いだった。蓼科の紅葉がことのほか鮮やかに感じたからだろう。蓼科湖は真冬には湖全体が凍結してしまうほどのものなのだが、この日はもちろん暖かく、ボート遊びに興じる家族を多くみかけた。
蓼科湖畔の紅葉。ここの紅葉は木によってその木の、ある部分が緑で、ある部分からは黄色から紅になっていたりした。
■寒くなかった、小屋での一泊
 でもいろいろな音あり
 小屋で一泊。夜中あれほど静かだと思っていたこの環境でも、鳥や虫の鳴き声やら風の吹く音、そして今回は室内に入っていた蛾の音、明け方の雨の音とさまざまの音がしたのだった。寒さは用心していたせいもあってかまったく大丈夫で、もちろん毛布をはじめ、マフラーまで準備して行ったのだが、今回そこまでは必要なかった。
 気温は早朝にプロトレックを見たら15度もあった。おそらく最低気温も室内は10度を切ることはなかったと思われる。
小屋の隣に置いたエグザンティア。雨で大きな雫がいっぱい。
 今回こちらにくる時、中央道下り線で、走る新型プリウスを初めて見かけ、サイズ的には似ているものの、エグザンティアとはあまり似ていないように感じた。エグザンティアはノッチのついたハッチバックだけれど、プリウスはルーフがトランクリッドまでのびてつながっているところが、あえていえばエグザンティアの前までのシトロエン的と言えるだろう。
■東急リゾートのトレッキング・コースを歩く
 蓼科東急リゾート内にはトレッキングコースがいくつかあり、ホテルマンに聞いて、この中のひとつを歩いてみることにした。
 まず、東急リゾートホテルのフロントから車で数分のところにある駐車場(左の写真)に車を置いて出発。
 エグザンティアがぽつんと一台というふうの写真。とてもすいていたのだ。そう、私たちの他には数台が止まっている程度だった。
 トレッキングコースは約2時間30分くらい。地図で見るとスキー場の2イン1の近くまで行くことになっていた。
紅葉はこのように進んでいた。まるでじゅうたんのよう。赤はとても濃く、黄色も鮮やか。でもこうなると、逆に緑が新鮮に見えてくるから不思議。紅葉の中で、緑が見えてくると「あっ、緑だ!」と声を出してしまうほどだったのだ。

 エグザンティアは疲れの少ない車だと思う。「思う」としか言えないのは、このところエグザンティアしか乗ることがなくなってしまったので、他の車がどうかは本当はよくわからないのだ。でも日帰りで蓼科や車山あたりを駆け巡っても、不当に疲れたりしないことで、ある程度はそう言えると思う。
 ただし、椅子の座り方によっては疲労がたまることがある。だからその疲れないポイントを、自分なりに見い出して最もいいポジションで座ることが肝心。そうすれば一日中走っていても疲れることはない。もちろん人間が運転するのだから、時に眠くなってどうしようもなくなることもある。その時はあきらめて休むことにしている。そういう意味で家族の協力も必要。運転支援システムのような、新しいハイテクが採用されても、まだまだ車は「自動運転」には至っていないのだから。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア