姪とバレエ(ballet)
 96年式エグザンティアの総走行距離は、都内で行なわれた姪のバレエ見学と蓼科行きとで、83,086kmになった。今回の給油分の燃費は12.0km。今回は蓼科で未舗装道路を走ったりもしたり、都内のバレエ行きの移動も含まれているので、この数値は優秀だと思う。全体としても相変わらず好調である。
 今年16歳になる姪は幼いときからバレエを習っていて、年に数回発表会がある。このところ都合がつかなくて行けなかったのだが、今回は久しぶり見に行った。上達しただろうか。
 近くの店で花束を買おうと思い、エグザンティアを走らせた。初めて利用する住宅商業施設内の駐車場は、とても新しい駐車システムになっており、慣れないととまどうほどだった。まず施設ビル内に入り、係員の指示でトレー型のエリア内に停める。すると音声案内でアンテナを下げることやミラーを畳むこと、パーキングブレーキをセットして車からおりることなどを指示される。降りてみるとそこはとても広々した待ち合い室になっていて、エレベータを利用して各フロアに移動できるようになっている。
 買い物を済ませ駐車場に戻る。清算機の前に立つとセンサーが働いて動作を促してくれる。まるで機械に動かされているような感じだ。清算を済ませると「何番の何色の出口にお回り下さい」と言ってくれる。そこへ行き(入ってきたときとは違う場所)清算済みのカードを入れると処理が始まり、スライドドアが開いてエグザンティアが現れ、トレーごと横移動して自分の前までやってくる。動きは意外にすーっと速い。最後止まるときだけゆっくりジワジワジワとゆっくりした動きとなる。高層ビルの高速エレベータのような動きと思えばいい。そして完全にOKとなると初めて出口のドアのロックが解除され、駐車スペース内に入ることができるようになる。一連の動きはむだがなく、かつスピーディーであるが、もしこれらが壊れたらこわいような気もする。

 バレエは、初めではなかなかよく分からないが、ずっと続けて見ていると少しずつだが分かってくる(ような気がする)。スッスッと動きの部分は速く動かし、両手両足全身がしなやかさを保ちながらも力強いバレリーナがいる。その動きは指の先まで神経細やかに動かしているのがわかる。しかもそれが自然に見えるのだ。
 せっかくなので「バレエ」を調べてみたら、15世紀にイタリアでそれらしいものが誕生し、19世紀には今のスタイルが確立されて現在に至っているという。そして英国ロイヤルバレエスクールではバレエダンサーの技術レベルで階級があり、一番下が大勢いっしょに舞台で踊る「アーティスト」、次が「ファーストアーティスト」、その上がひとりで踊れるレベルという「ソリスト」、そして「ファーストソリスト」となり、最も上が主役を踊る「プリンシパル」とに分かれているという。いやはや大変なランクづけだ。何もそこまで分けなくても、などと言ってはいけないのだろう。
 もし二足歩行ロボットがスピードまで含めたこの動きができるようになるには、あと何十年かかるだろうか。部分的には先の駐車場の動きがそうではなかったか。すーっと動いてきれいにうまーく止まる。バレリーナのような駐車パレット、というのはちと言い過ぎか。

 エグザンティアで都内の発進加速は、アクセルペダルの踏み始めの部分がとても軽くセッティングされているせいか、とても楽である。パワーにそれほど余裕のある車ではないので、その辺を考えたセッティングがされているのであろう。それは足の重みで踏めてしまうほどの軽さなのである。それでも試しに手で押し下げてみると、重く、動きもしぶく感じる。やはり足の力は手に比べるとずいぶん強いものである。

また蓼科へ
 蓼科には新しい店がオープンしていた。本当は四季を通して楽しめるとはいうものの、一般的にはこれからがシーズンだ。暑い日でもあったので近くにできたアイスクリーム屋に入ってみた。アイスクリームと焼き菓子屋は「Pepin(ペパン)」といい、その向こうはまだオープン前だがギャラリーになる予定で、その向こうは寿司屋「みつ山」。この寿司屋は地元出身の若い主人がやっている。毎朝築地直送のネタを仕入れて使っているという。ということはそのネタは我々と同じ時間帯ぐらいにやってきたのだろうか。ずっと向こうには八ヶ岳が見える。ここはそんなところなのである。
 土地には水道が入った。これでもう水の心配はいらなくなった。わざわざ湧き水を汲みに行かなくてよくなったのである。
 水道の使い方をHさんから教わっていたら、小屋にはいつの間にか蜂の巣(直径約5〜6センチ)ができているのを発見した! 都会人はびっくり、である。すぐに近くの大型店に行って蜂の巣退治のスプレーを買ってきた。「バズーカ方式」というすごい名前の殺虫剤で、スプレー噴射は10メートルぐらい届くという。
 やってみると快感をおぼえるぐらいのものだった。目標に向けて「ドッカーンシュワーッ」という感じで誰がやっても間違いはないだろう。自然といっしょというのは大変である。
右上)中央に見えるのが水道の蛇口
左上・左下)ずっと洗車できずにいたが、思い立って、前日仕事を終えてから夜に洗車したのでボディは久しぶりに光輝いている。窓やランプ類がきれいなのは気分がいい。自分で洗ってみると状態もよくわかる。しかしこの後に唐沢鉱泉に行ってずいぶんとまた汚れてしまうことになる。
まわりは緑が増えた。緑、緑、緑である。ついでにエグザンティアも緑である。
竜神亭(りゅうじんてい)
 ロッジ三井の森近くにレストラン「竜神亭」がある。厳寒期は休業してしまうこともあり、これまで入ったことはなかったが、初めて入ってみた。落ち着いたトーンの店内にはJBLから静かに音楽が流れていた。ランチなので手ごろな値段で食べられるのがありがたい。窓からの景色も味わい深いものだった(写真)。この日の日ざしは強かったが、このように木があると随分やわらぐものである。
 別の角度からは八ヶ岳連峰と竜神池が望める。これも良かった。
 他に客もいたが、ことばからすると関西地方からの客のようだった。ここは割と関西から来る人が多いような気がする。

唐沢鉱泉(からさわこうせん)
 約30分で行けるというので、唐沢鉱泉に行ってみることにした。三井の森を抜け、どんどん上がって行くと道は狭くなり、とうとう未舗装道路になった。砂利道である。こう配は急で、コーナーが続く。凹凸も多い。そんな道を数キロ走って到着した唐沢鉱泉は、宿泊もできる温泉付き山小屋だった。
 せっかくなので温泉に入ってみる。料金は700円。湯はぬるめだが、出入りを繰り返すとぽかぽか体が温まる。
 写真左は唐沢鉱泉に続く道。右がその唐沢鉱泉である。大きめの山小屋である。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア