シトロエンC5に乗る!(後編)

C5で行く蓼科
 エグザンティアの車検が終わらないうちに蓼科行きの時期が来てしまったので、C5で行ってきた。長い距離を走ると、車はより理解できるものである。

 借りているC5は2.0のセダンで、革シートと革巻ステアリング仕様。欧州仕様のカーナビ位置に国内カーナビ(クラリオン)をセットしたという2002年モデルで、既走行33000km。タイヤはミシュランXH-1、サイズは195/65-15、これが純正アルミホイールに装着される。4速オートマチックで、マニュアルミッション的に使えるというシーケンシャルモードが備えてある。
 中央道というのは上り下りが多くてコーナーも多い、とても特徴のある高速道路である。途中路面の凸凹が多い区間もあり、格好のテストコースになる。そこをエグザンティアより少し低いギア比と、より高回転の効くDOHCエンジンなら、かなりイケるのではないかと予想した。
いつもの蓼科に行ったシトロエンC5。車高が高く、荷室も深くて広い。広い荷室で荷物がころげまわらないようにネットも備える。スペアタイヤはエグザンティアの吊り下げ式から荷室下部に移った。リアバンパー下部に見える突起はバックソナー。

中央道にて
 エグザンティアだと、大月を過ぎたあたりの登りが苦しくなる(走行車線を走っていて、遅い車に追いついて、追い越し車線に出るようなとき、緩慢な加速しか得られない)のだが、ここをC5なら力強くのぼってくれる。ただし、回転を高めに維持するような工夫は必要で、そうしないとエグザンティアとそれほど違わないような感触でしかない。
 期待はもう少し低速からと思っていたが、やはりある程度考えてやる必要があるエンジンである。それもそのはず、エグザンティアとは馬力で14馬力、トルクでも1.5kg-mしか違わない。ただしそのときの回転数はかなり違うし、高回転がきくので、使い方によっては印象は違ってくるということだろう。
 一定速度で走行中はエンジンはまずまず静粛だが加速中はそれなりに音が高まる。エンジンフードをあけてみるとカバーがついたりして、ずいぶんモダーンになった感じがするが、逆にそういったことがないわりにはエグザンティアは静粛だと思う。
こういう後ろ姿の写真は初めて見たような気がする。C5はまもなくマイナーチェンジがほどこされ、このリアスタイルではなくなる。このままでもなかなか魅力的だと思うのだが。

感心した点とがっかりした点
 シーケンシャルモードは、残念ながら状態が良くなかったのかもしれないが、シフトショックが大きく、積極的に使う気になれなかった。シフトショックは通常のDレンジでも大きかった。あとで自分のエグザンティアに乗ってみたらずっとショックは小さいので、もしこれが本来なら何とかしてほしいところだ。

 室内はたて方向に大きいのでエグザンティアよりグンと広く感じる。シート高もダッシュボードも高さが十分あるデザインである。内装の色もいい。上側は濃いグレーで、中間から下は 薄いグレー。落ち着いたとてもいい色あいである。メーター類は基本的にはとても見やすい。ただ、深さが足りないのか日光が映り込みやすく、そのときはみにくくなることがあった。
 運転席ウインドの開閉などは最後まで戸惑うことが多かった。エグザンティアは一度覚えてしまうと迷うことはなかったのだが、C5はうまくいかず、上げようとして下げてしまったりその逆を繰り返した。こういう部分はエグザンティアの方がよく考えられている。とはいえ、エグザンティアよりずっと新しさを感じるデザインなので、もし乗り換えてもがっかりすることは少ないと思う。
 CDプレーヤーも標準でついてくる。とくに妻はこれが気に入ったようで、ずっといろいろなCDを取っ替え引っ替えかけていた。
 革シートは座り心地はいいし清潔に保てると思う。色もシックなものである。シートヒーターというのも初めて使ったがいいものだと思った。蓼科のような寒いところに一晩停めた朝、乗り込むときにシートが暖かいことがこんなにいいものかと思った。シート全体ではなくクッション・バックレストとも真ん中あたりが即座に暖かくなる。
 ウインドウォッシャーは霧状の液を噴射するタイプで、ウインド全体に広がる。
 乗り心地の判断はむずかしいところで、一般道でけっこう細かい凹凸によるショックを感じてしまう。これが高速に入るとずっとよくなり、さらに120km/h以上の超高速では実にスムーズになる。速度域の格差を小さくしてほしい感じはするが、全体的にはかなりいいところだ。今回宿泊した所で、某メーカーのワゴン車に乗る機会があったが、このワゴン車はこんなに乗り心地が荒かったかなと思ったのは、体がC5に馴染んでいたからだろうか。
 蓼科というところは小さいコーナーが多く続くが、こういった場面でC5はロールが少なく安心で、快適そのものである。ただ全体にしなやかさに欠けるきらいはあって、現在のシトロエンの最高級車種ならもう少し期待を上に持ってしまう。
ホイールベースはエグザンティアとほとんど変わらない(2750mm)。車幅も15mmしか違わない。ただしトレッドはかなり違い、フロントで55mm、リアが45mmも広い。全体に厚みたっぷりのデザイン。実際の車重は1380kgと、それほど重くない。自動車の絵を描くときに少し前までは、横から見たホイールのセンターがボディ下部と同じくらいにすればよかったのだが、ずいぶん下がってきた。発端はBMW3シリーズ(E36)あたりからだろうか。
これから寒い氷の季節に入る女神湖にて。おだやかな水面が、つるんとしたC5のボディによく似合う。ここではよく氷上ドライビングレッスンなどが開催される。

東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックスにて
 返却するときにテクニカルセンターの担当者が(どちらかというと恐る恐る聞くように)「C5、いかがでした」というので、小回りのきくことを言ったらうれしそうに聞いていたのが印象的だった。
 今回の宿泊は、少しぜいたくをしてしまった。東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス。いつもの蓼科東急リゾートではなくこちらにした。そしてそれは、いつもいいと思っていた蓼科東急リゾートとはまた違った魅力を持ち、充実した時間を過ごすことができた。
 同じように、いつもエグザンティアばかり乗っていて、新しい車が出てもトータルでこんな車はないと思い込んでいたのだが、いざ数日間つき合ってみると、C5も実に魅力あふれる車だった。いつまでも永遠に魅力あると思っていたあるアイドルでも、新しく魅力あるアイドルはどんどん出てきたりするのと同じである。ん? ちょっと違うか(笑)。
 C5は、エグザンティアよりはさすがにはっきりと新しさを感じさせる車である。C5がデビューした時、エグザンティアの方がかっこいいとか、さんざん言われたが、C5の形はなかなかのものである。近づく、乗り込む、走り出す、停まる、そのたびごとにこのスタイルに触れてきたのだが、もう違和感もまったくないし、チャーミングな形をしていると思う。
 あとはシフトショック、低速時の乗り心地のさらなる改善、スイッチ類の動きの見直しぐらいだろうか。いずれにしてもこのC5を借りていた数日間で、妻は次期車の条件に本革シート、シートヒーター、CDプレーヤー装備の項目を入れたことは間違いないだろう。私自身はそれらにこだわらないが、C5が手元にあった数日間、この大柄なボディのセダンが実は小回りがよくきくことが一番気に入ったことだった。 (右上へ)
アネックスの駐車場。たまたまエグザンティアが中央にいた。もう少しすると雪のリゾート地となる。近くにスキー場もあり。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア