シトロエンC5に乗る!

車検の代車として借りた、日本で1台のC5
 車検の代車としてC5を借りた。最初借りるつもりはなかったのだが、ディーラーの手違いがあって期日までにあがらないので「乗っていてください。日本で1台のめずらしいC5ですからぜひどうぞ」という、何やら意味深長な言い方だった。
 何がめずらしいかというと、欧州仕様のナビがダッシュボード上に付いていて、なおかつそれに日本のナビを無理やりはめ込んだテストカーなのだという。そしてそれを標準にしたかったそうだが、価格が50万円アップになるため断念したとのことだった。
 受け取りに行ったとき、さらに「奥にめずらしいものがありますから、ぜひ見ていただきたいんですよ」(どうもこのサービスマン、思わせぶりが多い)と言われて行ってみると日本ではまだ発売前の、マイナーチェンジ後の最新のC5が置かれていた。ひとしきり話をしてから、隣の2002年モデルのC5を代車として受け取った。
 2リッター、革シート。使い込まれたせいかブレーキは本来の調子ではなかったと思うが、一般道では全体にエグザンティアより静粛。スムーズなエンジン。だがギアの切り換えはいささか小さくないショックを伴い、これは新車の状態はどうだったかなと思わせる。肝心の乗り心地は、やはりエグザンティアとよく似た感触で、中速までは細かい凹凸をわりに拾う感じで、そのときの音もガツンと大きめ。エンジンが静かなためかそれが目立つように思えた。よく通る道の段差の乗り越えはエグザンティアよりは少しだけ軽くいなせる。ロールははっきりと少ない。ボディサイズの差はそれほど感じなかった。
シトロエンC5(2.0)。特殊カーナビ付き。
全長×全幅×全高はそれぞれ4620×1770×1480(mm)
エグザンティアよりひとまわり大きい。秋晴れの筑波山にて
高速道路のC5
「アップルツリー」は知る人のみ知るといった、茨城のレストラン。一見、会員制のようなエントランスだが、実際は誰でもオッケーである。ただし、高さ1.7メートル以上の車は入ることができない。店内には必ずオーナーの愛車が展示してあり、ときどき入れ代わる。この日はメルセデスのSL(向こうの建物の内部に入っている白い車)だった。
 高速も走ってみた。シーケンシャルモードも試したが、切り換えたときのショックが大きいのでDレンジで使った方がとりあえずはよさそう。タイヤのノイズが案外気になる。首都高で特に感じたのは強めのハーシュネス。これはもう少し抑えることはできなかったものだろうか。これがあるからサービスマンが「シトロエンに乗っていても、乗り心地が良くないというお客さまと、いいとおっしゃるお客さまがいらっしゃるんですよ」と言うことになるのだろう。実際は路面によって出来不出来がはっきり分かれるからなのである。
 朝日に照らされてかどうかカーナビの画面はみにくい。サイズも小さくて奥まった位置にあるし、カーナビそのものも新しくないようで、まあ現在どこを走っているか程度を確認するなら問題はないが。合流なども音声で教えてくれるし。
広さのC5、繊細なエグザンティア
 室内の広さはC5の方がエグザンティアよりずっと広い。天井が高く、センタートンネルも低くて後席も充分な広さがある。トランクも広い。だが各部の形状は、何というか、尖っているようなというか、どこか手に余るような、あるいは手から逃げるような印象のパーツが多い。
 各種スイッチの感触などでも、ストロークが小さく作動するスイッチがあったかと思うと、ウインカーなどは動きが渋くて「エイヤッ」と力を入れなければならなかったり、ウインカー頂部からセンターパッド部に移ったホーンスイッチも、スプリングが強いせいか大きめの力が必要。こういう部分が、どこかちぐはぐなのである。動く車内での操作になるので、この種のものは指先の軽いタッチだけではなく、ある程度確実性のある感触とストロークを確保した上で、それらの感触を揃えてもらいたいものだ。
 C5のインナードアハンドルは指の動きだけではなく、手首の動きを強要する。この辺が少し距離を感じてしまうのである。エグザンティアのそれは指先の少ない動きでいいのでストレスがないのである。
 後席ドアの開く角度なども、エグザンティアの方が直角に近く開くので使いやすい。C5は窓も下まで降り切らない。テールゲートの開け閉めのフィーリングはどういうわけかC5の方が安っぽく感じる。
 慣れの問題はあるだろうがエグザンティアの方が、モノの形としてよく練られているようで、近しいものを感じるのだ。運転好きなら皆気にするであろうウインドシールド越しに見る景色も、視界の下部に入ってくるダッシュボード上面の淵が角っぽく、ボディ全体の形状や、流れ込む路面と違和感を感じてしまう。エグザンティアの方が自然に路面とつながるので、見ていて気持ちいいのだ。
形は個性的で悪くない。ただし間もなくマイナーチェンジされ、顔つきも大幅に変わる。
革巻ステアリングの感触はいい。そして意外だったのが、よく切れること。カタログを見ても最小回転半径の数値が出ていないので不明だが、感覚的にはエグザンティアより小回りがきく感じだった。大きく寝たAピラーは視界を遮りがち。曲率の異なるドアミラーもみにくい。

超高速ならC5だが…
 純粋に乗り心地だけをとってみればエグザンティアの方が柔軟な感じがあるのは、C5が高速時の操縦性を重視した結果だろうか。ただ、C5の優位性が出てくるのは実は120km/h以上に上げた場合である。
 その速度域での姿勢変化は実に少なく、これはエグザンティア以上。エンジンもいい。高速道路への合流や加速で、ぐーんと伸びる爽快なエンジンである。そういうときのスムーズさもずっといい。
 乗り心地と大いに関係あるシートは、これはエグザンティアの方に馴染んだせいか、ぜいたくに見えるC5より何でもないようなエグザンティアの方に優位性を感じた。ただし、シートなどはもし自分の車となれば、少しずつ各部を細かく調整したりしていくだろうから、やがて最適の位置を見つけて、馴染んでいくものだろう。実際エグザンティアのシートがそうだったし。
 C5を見ていると自動車のモデルチェンジとは難しいものだなと思う。エンジンは確実に新しくなった、アクセサリーも付けた、でも操作の感触のひとつひとつは時間をかけなければならないものなのだろう。日本車は4年ぐらいですべてを変えたりするが、それは徹夜を強いたりしての結果かもしれない。フランス人が徹夜をするかどうかは知らないが、もう少し詰めてから出してきても遅くはないような気がするのである。多くの人が車を運転する時代だから、操作系で個性的なことは無理な時代だろう。ならばその中で感触がいいこと、揃えてあること、最適のストロークを見い出すこと、使いやすいこと、結果として運転の快感につながること。グォーンとエンジンを回したり、コーナーでタイヤを鳴らしたりする快感は別の車に任せればいい。シトロエンはそういう移動の快感につながる乗り心地、感触を忘れないでほしい。
 こんなことを言われたらシトロエンとしては残念だろうが、でもそこはがんばってほしいところだ。シトロエンが好きな人はどういう部分に惹かれるのか、それにはかつてシトロエンが持っていた精神をもう一度見つめ直し、それを現在の考え方でよみがえらせることを、何よりファンは期待しているだろうから。
                (後編に続く)
これが「無理やり」つけたというカーナビ(写真中央やや上のひさしの中。いろいろな機能が走行中にはできないようになっている)。ひさしはあるものの、ウインドウに近すぎるためか陽の光が入りやすく、見にくい。手前の木目は本物ではなくプリントだそう。エアコン吹き出し口のすぐ下はCDプレーヤー。さらにその下の横長の表示窓は、左右の座席で独立して調整可能のエアコンの温度を示している。今は両方とも25、つまり摂氏25度の設定になっている。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア