カーオーディオについて

あらためて考える運転のこと
カーオーディオと家庭用オーディオ
 運転は、ステアリング、ペダル、シフトレバー、各スイッチを通して車をコントロールしていくものだ。そして車の反応を感じとって次を考えるものだ。状況に応じてエンジン回転を上げ下げして、その状態をメーターで追ったり、耳で確認もする。
 シートに座っている状態も車の動きで変化する。路面の凹凸でその反応がボディに、そしてシートに伝わる。それらの目に耳に入ってくる情報を処理したり次の行動を、考えているものだと思う。そういうことをやっているから、ときどき運転中に話しかけられても、なかなかその話に入れないことがあったりするのだ。その結果同じことを聞き返したりしてしまう。
 運転はできるだけ集中していないと、次の瞬間何が起きるかわからない。前車が急ブレーキをかけるかもしれないし、突然の飛び出しがあるかもしれない。飲酒運転もそうだが、それをしたからすぐ事故につながるものではなく、危険の可能性を大きくしてしまうことになる。もちろん飲酒は厳禁だが、オーディオも少し考えた方がいいのではないかと思う。
 もともとカーオーディオと家庭用オーディオはまったく異なるものだと思う。それは音質の違いというより、聴く環境の違いが大きいと思う。家庭用オーディオならばほかを忘れて音楽そのものに心ゆくまで浸ることができる。目を閉じてもいいし、ゆったり飲食しながらでもいいものだ。
 これに対しカーオーディオは、運転が主体の車内で聞くものである。運転は身体をフルに使って、あたりに十分注意を払って行くものだ。そういうときに音楽が鳴っていると、その注意を十分に果たせなくなる可能性があるのではないだろうか。それはたとえほんの少しであっても、乱されることによって、状況によっては良くない結果を生む可能性が出てくると思う。カーオーディオはそういう意味で言うと邪魔にもなると思うのだがどうだろう。
 ただ、都市部に住んでいたりすると家では大きい音でオーディオを聴くことができず、その結果ポータブルオーディオでイヤホンや車内でしか大きい音で楽しめないというのはわかるような気がする。

音楽を聴く環境
 車は基本的に騒音を出しながら走っており、昔に比べれば静かになった車内ではあっても、やはり騒音の中で聴く音楽なのである。曲によってはイントロが騒音に埋没してしまうこともあるだろう。音楽は騒音が少ないほど鮮明・鮮烈に聴けるのだが、車内ではまったく無理。音楽が聞こえるようにするには騒音に負けないくらい大きな音で鳴らせば、騒音そのものは聞こえなくなる、が、これは無茶もいいところである。
 端的に言うとひどい環境の中なのである。だからもし、カーオーディオをどうしても楽しみたいならできるだけ小さい音で、それこそ適当に聴くという簡単な結論になってしまう。運転への影響を少しでも減らすにはこれしかない。必要によって即座に音楽を止められるようにしておいた方がいい。
 しばし聴いていた音楽を止めてみると、運転席の回りの空間が広がるような、見通しがすーっと良くなるような、そういう感じがする。
ポータブルCDプレーヤー、パナソニックSL-CT510(右)。左のカセットアダプターをカーオーディオのカセットスロットに差し込んで使う。CDプレーヤーそのものの電源は内蔵バッテリーで十分いける。
 少なくともカセットテープより鮮明な音と、選曲・頭だしの自由、そういう良さがある。
 ボリューム位置はCT510の方を通常再生より少し大きめにして、あとはカーオーディオ側で調整する使い方になる。
 CT510側のボリュームが小さめだとノイズが大きくなり、SN比が悪くなる。カーオーディオ側にラウドネスもついているが、これは高音と低音をぐんと増強するもので、使わない方が、概して聴きやすい。
ポータブルCDプレーヤー
 数日間借りていたシトロエンC5にはCDプレーヤーがついていた。ノイズも少なくクリアーな音を聴かせてくれるので、家人はとても気に入ったようだった。私自身はカーオーディオは付属のもので十分だと思っている。それでもCDプレーヤーの良さはもちろんあり、自宅のCDを持ち込んで、たとえばライナーノーツを読めること、これは大きい。曲を聴きながらそれを読めば音楽をより味わえることにもなる。ただしこれは同乗者にとってだが。
 96年式エグザンティアに、手軽なポータブルCDプレーヤーを使ってみることにした。選んだのはパナソニックSL-CT510というモデルで、接続用のアダプターはカセットアダプターを使うことにした。MP3にすれば最長200時間の再生が可能という。
 世の中のポータブルオーディオプレーヤーは、HDDやメモリーメディアがトレンドになりつつあるので、売り場に行ってもポータブルCDプレーヤーのコーナーなどは、ほとんど客がいない。ただし現状では使い方が私には合うのでCDプレーヤーを選んだ。
 パナソニックSL-CT510は、充電式電池が付属(充電時間は約2.5〜3.5時間)、それに乾電池パックと合わせて長時間再生が可能となる。イヤホンとライト付リモコンも付属している。シングルリピート、全曲リピート、ランダムプレイなども可能。
 カセットアダプターはSONY製で、だいぶ前に手に入れたのだが、今回使ってみて、ときどきトンネルなどでノイズが入ること以外は問題なかった。
皆どういう音楽を聴いているのだろう
 カーオーディオの専門の雑誌もあるようだが、こういう出版物はどういう役割を担っているのだろうと疑問に思う。車が自動運転になって事故や衝突の危険性がまったくなくなれば別だが、人が運転しているのだから、カーオーディオに凝りすぎるのは考えものだ。もちろん音はいい方がいい。それは当然だが移動する車の中という環境は悪すぎるのだ。
 とはいえ主流は移動しながらのオーディオになってしまった。歩道で聞こえるほどの大音量のカーオーディオ、歩きながらとかジョギングしながら、あるいは自転車に乗りながらのオーディオ。そういう危険をおかしてまで聴きたい音楽というのは、いったいどういう音楽なのだろうか。
 実際、交通事故というものは、何も聴かずにしっかり運転していても遭遇してしまうこともあるだろうし、カーオーディオをがんがん聴いていても起きないこともあるだろう。だが少なくとも起きたときに、最小限の被害で済むようにしたいではないか。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア