なぜレクサスは売れないのか
内容はレクサス優位だが
目標の半分の販売台数
 そういう国、国民性だからドイツ製に(販売で)勝る新型車を作るのは難しい。
 実際に装備やスペックで比較する限り、レクサスはかなり優位ではある。AWDも用意されているし。それなのに売れないのは、たとえば価格の割安なことは高所得層にとって魅力は薄いのである。よく分からない場合「高い方が(内容は)良いんでしょ」と思いがちの人がいる。もちろん中には純粋に車が好きな人もいるだろう。ちゃんと比較してその結果のドイツ車ということもあるだろう。だが少数派ではないだろうか。
 30歳代の男性(ジムカーナをやるくらいの車好き)に聞いてみたら「ベンツかビーエムは乗ってみたいけどレクサスはあまり…」ということだった。これは一般的な答えだと思う。
 ベンツの安全神話は末端まで刷り込まれているようで、名神高速でメルセデスベンツのEが追突を受けて大破死亡事故の報道を見て、車に興味もない運転もしないごくふつうの何人かが「(ベンツは)安全なのにねえ…」と言っていたことがある。
 レクサス店が日本でオープンして1年たった。販売台数は目標の半分程度にしか達していないという。やはりライバルたるドイツのメルセデスベンツやBMWにはかなわないのだろうか。
 売れない原因はいろいろある。まずブランド対ブランドだということ。購入者の頭のイメージの中での戦いなのである。実際に乗って比較して購入を検討する人がどのくらいいたか、それは実際はわからないが、何となく日本車よりはドイツ車の方がいいだろうという、ほとんどイメージの戦いなのである。
 こまかい装備やスペックのことは置いておいて、何はともあれ「ベンツとどっちがいいかなあ」であり「ビーエムよりかっこいいかなあ」なのである。まあちょっと言い過ぎかもしれないが、それが大勢ではないかと思うがどうだろう。
 日本人はブランド好きが多いのである。これは間違いない。その内容をよく知らなくてもブランド名だけは知っているという人が多い。ベンツの名はたいていの、ふつうの人が知っている。

LS登場間近だが…
 ISの全高は1430ミリ。全長・全幅から考えても低すぎるし、ウインドウ面積が狭すぎるために室内はどうにも息苦しく感じられるのである。
 代表的な数値をあげるとゴルフは1520ミリある。カローラセダンは1470、ティーダは1535、プレミオは1470、プリウスが1490、アベンシス1480、スカイライン1470と、いずれもしっかり高さを確保している現代のセダンの中にあってISは異例なほど低い。レガシィだけは同等の車高だが、座ってみるとウインドウの大きさがレガシィはふつうなので、それこそふつうに座れるのである。
 大型のGSの車高もこのISと同等以下なのだから驚いてしまう。実際にGSの室内はISほど閉所感はなかったが、それでも何となく天井が低いような感じがするのは気になる部分だった。このクラスの国産ライバルのフーガは1510〜1525と、たっぷりあるのである。これだけでフーガを選ぶ人もいるだろう。
 この独特の「低さ」はLSもそうで、1465しかない。この数値は全長・全幅がひとまわり小さい今のセルシオより低いのである。写真で見ても全体的には悪くない筋肉質のデザインではあるが、高さが押さえられているのは今のトヨタの陥っている、そしてトヨタ自身が見えにくい部分ではないだろうか。もし、前にミニバンに乗っていたユーザーが乗り換えたらいっぺんにいやになってしまうだろう。
 レクサスは最初にGSとSCが登場し、その少し後にISがデビューし、そしていよいよ最高級LSがまもなく出てくるという。このやり方がいいも悪いもないが、LSがもっとも刺激的になることは間違いないだろう。トヨタの最新ハイテクを装備して出てくるというのだから。デビューして間もないSクラスとの真っ向勝負は、斎藤・田中以上の見ものだろう。
レクサスはどこがだめなのか
 レクサスが売れない原因は前述したとおりだが、それでもレクサスではちょっと気になるところがある。それはGS、ISともにそうなのだが、ことさらスポーティーなことを強調していることである。基本をそういう成り立ちにして、仕立てもかなり意図的にそうしている。
 それはISで顕著だが室内に乗り込んでみると、びっくりするぐらい狭いのである。タイトという言い方もできるかもしれないが、車高をおさえ、ウインドウの天地もかなり低くデザインしている。これに対してダッシュボードは量感のあるデザインなので、人によってはいつの間にか圧迫感をおぼえるむきもあると思う。助手席に乗ってみるとAピラーが眼前の左側3分の1あたりに迫り、しかも厚みがあるのでどうにも目障りなのである。さらに助手席はAWDを選ぶと妙な凸部が追加されるのでさらに狭く感じられる。

本当の本物をめざしてほしいレクサス レクサス車にふさわしいのは…
 レクサスは全体にタイヤが扁平過ぎ、太過ぎ。ドイツのライバルを意識してのことか、あまりに太いタイヤを標準としてしまった。その結果、小さいキャビンとボディが下部まで低く下げられたデザインとあいまって、後ろから見ると少し前のレーシングマシンか何かのようだ。IS250(2WD)だけは希望で16インチも選べるようになっているようだが、もともとそのくらいで設計していけばいい車だと思う。
 そしてもし最新最高級を謳うなら、本当にすぐれたサスペンションを使い、乗り心地も最上のものをめざしてもらいたい。少し前だとスポーツタイプは「スポーティーで硬めの乗り心地…」と表現される言い方が主流だったが、もうこういった表現ではなく、硬くもなく柔らかくもなく、あらゆる凹凸を吸収しボディはまったく動かない、というようにはできないものだろうか。少し前に話題になったボーズのサスペンションのように。
 まあ実際車種がさらに増えるのだから販売台数としては増えるかもしれない。ただ、レクサスは今のスポーツ偏重を少しシフトしない限り難しさをかかえていくことになるだろう。「乗り心地が硬い」と言われたらそれはある程度受け止めて返すこともできるだろう。だが「狭い」といったごくつまらない(ただし大事な)部分から攻められた場合どうしようもないのである。この部分はマイナーチェンジでは解決できない部分だろうから、レクサスは次のモデルを待たなければならないということになるだろうか。
 レクサスとして選ぶべきはもしかしたらプログレだったのかもしれない。最新の技術で洗練再生してくれれば、上質で比較的コンパクトで燃費よく環境にも優しい、気取りも気負いもないセダンとなったかもしれない。そうすればドイツ車ユーザーはもとより、フランス車ユーザーも取り込めるかもしれない。  
              (2006年9月1日)
 トップヘ戻る