ベートーベンで禁酒禁煙?
 アシュケナージのベートーベンのピアノ協奏曲第3番。今ではすっかり指揮者だが、かつてはピアニストのアシュケナージが、ショルティ指揮シカゴ交響楽団と1972年5月に録音したもの。価格は1500円。CDが世の中に登場したときはとても高価で、3000円から4000円近くしたものもあったが、今では少し古いものならこんな手ごろな値段で出ているのだ。これはうれしい。さらに安い1000円というのもあったが「少々ノイズが入っています」とことわり書きがあったのでこれは躊躇するところではある。
 有名な第5番に比べると陰に隠れた存在かもしれないが、この曲のすばらしさはピアノの音、あるいはオーケストラの音を、どうやったらより美しく響くかをベートーベンが考えつくしたところにあるのだと思う。まず、長く続く導入部のオーケストラが聴衆に今か今かと期待を持たせる。ピアニストは手持ちぶさただろう、か。ピアニストにとって緊張の時間? いやこれで緊張を感じるようなピアニストではとても皆の前で弾くことはできないだろう。そうしてピアノは割と大胆な力強さで入ってくる。それはすぐに滑らかでさわやかでクールな旋律に展開され、音をつむいでいく。実に魅力的でロマンチックな美しさで進行するのだ。ピアノの音の多彩な美しさは我を忘れるぐらいだ。きらめくピアノの音を、より美しくするための装飾、星のまたたきのような音の粒子。際立ち、全編を支配するロマンチックな曲想…。こういうふうに聴いてくると、つくづくこれはやはりあの世の音楽でも神の音楽でもない、この世で作られた極上の音の芸術なのだと実感する。演奏の時間の、そのすべての密度が極めて高く、その1分1秒がとても貴重でいとおしく思えてくる。そしてもしできることなら、いつまでもこの曲を聴いていたい、聴けるように健康でいたいとさえ思わせてくれる。この曲をいつまでも聴きたいがために酒・たばこをやめる、あるいは酒・たばこをやっている時間がもったいないという人がいても不思議ではないような、そういうことさえ思わせる曲に仕上がっている。これは40年以上前の演奏ですばらしいものだが、現代に求めるならたとえば小菅優の演奏ならどうだろうか。
 現代生活では家庭用のスピーカーではなかなか大きな再生音を求めるのは無理だろうが、それでもスピーカーは置き方でずいぶん印象が変わるものだ。もちろん聴き方は好みまで含めて人それぞれでいいだろうが、それでも今は環境的にスピーカーとにらめっこして聴くようにはなりにくいこともあるだろう。本当のオーディオマニアならそうするのが当然なのだろうが、一般には本を読んだり今なら文章を書いたり(入力?)しながらのバックグラウンドミュージックだろうか。それでもたとえばスピーカーの距離は近いほど全体の密度は高くなるだろうし、離れれば広がりは出てくる。その離したスピーカーの角度をどの程度リスナーに向けるかだが、これも好みがあるだろうが、小音量で聴くことを考えるとリスナーに向ければ音は鮮明に聴こえるようになる。低音楽器の音が輪郭を持って聴こえてくるようになったりするからオーディオはおもしろい。
                  (2014年6月25日)
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ピアノ協奏曲第3番、第4番

ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)
シカゴ交響楽団
ゲオルグ・ショルティ(指揮)

UCCD-3863