■協奏曲集「四季」作品8他
以前買ったレコードの、そのCD版。イ・ムジチが当時、新しく録音し直した演奏だった。

イ・ムジチ合奏団の四季は、他の、たとえばシモーネと比べて鮮明でくっきりと力強く、それでいて弱音の部分は限りなく優しく美しく、そのダイナミックレンジの広さが、いつ聴いても新鮮。といってシモーネはだめなのではなく、また別の味わいがあってほっとするのだが。

四季はときにBGMのように使われたりするが、イ・ムジチの手にかかるとBGMとしては聴いてなんかいられなくなる。BGMとしてではなく、もっと正面から聴きたくなってしまう。

春。命あるものたちの、わきたつような息吹きを感じさせてくれるような明るい第1楽章。
夏、秋、冬…。劇的に音楽は変化していく。

この曲を聴くと、他の作品も聴いてみたくなると思う。
ヴィヴァルディ(1678ー1741)
協奏曲集
イ・ムジチ合奏団
PHILIPS PHCP-9681
■ブランデンブルク協奏曲
というわけで、同じイ・ムジチによるバッハの作品。

バッハの音楽は、脳の中の、ある部分を心地よく刺激するのがわかる。ゆっくりと時間をかけて頭の中がときほぐされていくような、そういう時間を過ごすことができる。

そしてぜいたくしてどこかの山の方のリゾートホテルに宿泊して、ふだんとは違う、心地よい環境の中にいるときに感じるような、そういう気持ちになる。

東京にいても、このCDを聴いていると、一瞬どこにいるかわからなくなるような、豊かで深い気分になるのだ。

心地よい独特の開放感・安堵感を味わえる、そういう音楽。
J. S. バッハ(1685ー1750)
ブランデンブルク協奏曲
イ・ムジチ合奏団
PHILIPS PHCP-9683