■Best Wishes
千住明は、その作られた曲のイメージとは少々異なる印象の風貌の人。特注の五線譜でないと曲がかけないとか、妹の千住真理子が出てきて「僕の音符でかききれない部分を真理子さんのバイオリンが奏でてくれる」というような意味のことをテレビで言っていた。
 
千住明は1960年生まれ。映画やドラマ、CMの音楽を数多く作っている。このCDはそんな彼の今までの作品を一枚にまとめたもの。NHK連続テレビ小説「ほんまもん」やNHK「日本 映像の20世紀」テーマ曲など、自身の作曲によるもの以外に「聖者の行進」のアレンジなどというのも入っている。

千住真理子の「カンタービレ」もそうなのだが、CDの説明書に本人の短いコメントが入っている。これが読ませる内容で、ここで載せてはもったいないほどの内容なので、興味のある方は買ってください(笑)。

それからこのCDには共演アーティストのサインが入っている。シセル、ジェーン・バーキン(歌手・女優)、バーツラフ・ノイマン(指揮者)、ザンフィル(パン・フルート)、パオラ・フォッリなど。ファンにはうれしいかもしれない。
Best Wishes/千住 明
東芝EMI TOCT-24743