■チャイコフスキー(1840-1893)
 「グランド・ソナタ 作品37」
上原彩子のデビューCD。曲目はチャイコフスキーのピアノ曲。ライナーノーツの表紙は、顔が映るような光沢の用紙で印刷されている。それはあたかもピアノの鏡面仕上げのようであり、指紋がついてしまうようで、あまり触れない感じ。

1曲めの「ワルツ作品40-9」が鳴りだした瞬間から魅力的な音の世界に包まれることになり、繊細で軽やかな指の動きが見えるよう。何度も聴きたくなる曲が続き、実際何度もきき直してしまうのだった。

後半の「グランド・ソナタ作品37」は力強さが際立つ重厚な第1楽章から始まる。これはできればボリュームを大きく(近所迷惑にならない程度に)して聴いた方がいい。音楽の嵐のような世界に浸ることができる。「ここの部分でここで強い大きな音がほしい」というような気持ちにこたえてくれるような演奏。

このCDは、演奏の途中で上原の吐息というか、ため息のような音が、旋律にかぶるように入っている。力の限り弾いているせいなのか、グールドのようにハミングしているのか、そういう無意識に入った息づかいの音が聴き取れて興味深い。
グランド・ソナタ/上原彩子
2003年9月5日ー7日
セント・ジョージス・ブリストル・ホール
(イギリス)にて録音
TOCE-55617