■アマデウス
この映画の公開は1985年だからもうひと昔以上前になる。冒頭の「ドン・ジョバンニ」の一音が流れただけで、そのドラマチックな展開を予想させるようで、あとは最後まで引きずり込まれてしまった。

宮廷音楽家のサリエリが自殺をはかるシーンでは交響曲25番第1楽章が流れる。性急な何かを求めるような曲。性急なものを求めすぎたせいなのかどうかはわからないが、35年という短い生涯を走り去ってしまった、(天才といわれる)音楽家へ対する、サリエリの嫉妬心を描いた音楽映画だった。

ライバルのサリエリが、その立場を利用してモーツァルトの新作の楽譜を手にするシーンでは、楽譜をめくるたびにこれまでに聴いたことのないような音楽が流れ、サリエリは心底圧倒されてしまう。映画ではそのサリエリの頭の中に鳴り響いたであろうその曲を、実にうまく展開させてくれる。このCDはオリジナル・サウンドトラック盤で、特別にモーツァルトに興味がなくても十分楽しめる内容になっている。

4曲めに入っている「管楽器のためのセレナード」について、サリエリはこう述べたという。

「始めは錆びついたアコーディオンのような律動があるだけだが、そこへ突然、高音のオーボエが加わり、クラリネットがそれを引き継ぐと、この輝かしいフレーズに甘美さを加え、叶わぬ憧れで曲を満たす。私はあたかも神の声を聞いているかの如くであった」(ライナーノーツより)と。
映画「アマデウス」
オリジナル・サウンドトラック

ネビル・マリナー(指揮)
アカデミー室内管弦楽団
VDP-105