アマチュアのオーケストラの演奏を聴くチャンスがあった。名前は「オーケストラ☆の王子さま」という。コンサートは予約したり時間を合わせて行ったり並んだり、ちょっとおっくうなことがあるが、それでもこのオーケストラのチラシを見て、当日券もあるというので、それならと出かけてみることにしたのである。
 座席数700ちょっとのホール。全自由席なのでなるべく前の方の、中央付近に座ってみた。そこで演奏されたのは3曲。演奏順にロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲、ヘンデルの「交響曲第31番」、ブラームスの「交響曲第1番」。
 最後のブラームスは、完成するまで20年とか21年かかったといわれている曲で、いかにも練り上げて練り上げて作りあげたような壮大で力強い印象の曲で、そのよさをこのオーケストラは伝えてくれた。見れば若い人の多いオーケストラで、指揮者もほんとうに若々しい。エネルギッシュで、そして暖かい演奏だった。
 アンコール曲は予想していない曲だった。アンコールというとヨハン・シュトラウス1世のラデツキー行進曲がよく演奏されるので、まあ順当に行くと今回もそれが演奏され、聴衆が手拍子でそれに応えて…などというシーンを前もって浮かべてしまった。それが見事に(いい意味で)裏切られた。鳴りだしたのは、流れるようなブラームスのハンガリー舞曲1番。これが思いのほか良かった。予想していないととても新鮮に感じるのである。
 最後に指揮者がコンミスに後ろから近づいて両手で両肩をポンと軽く叩いたのは、若くても日本人らしかった。
ブラームス交響曲第1番と、
アンコール曲
THE BEST OF BRAHMS
London Festival Orchestra/Alfred Scholz

モーツァルト
2台のピアノのためのソナタ
 予想外といえば、モーツァルトの2台のピアノのためのソナタのCDを買いに行ったときのこと。
 銀座のヤマハ楽器。K448はどの辺に置いてあるか、(ちょっと年のいった『のだめ』のような)店員に聞いたら「こちらですよ(先輩、とは言われなかったが)」と案内されて、目についたCDを見ていたら「これなんか安くてお勧めですよ」とタイミングよく言われた。あまりこういう店で勧められたことはないなあ、予想外だなあ、妙な店員だなと思いながらもどれどれと見てみるとなんと1000円! CDも安くなったものである。でも1000円ではだれの演奏かなと思っていたら「ピアノはアルゲリッチですよ」とその店員はこれまたタイミングよく言ったのであった。
 身近なコンビニなどでも、店員によって対応がずいぶん違う。よく利用する近くのコンビニでサンドイッチとコーヒーなどを買い求めると、ふつうはレジでお金を払って、まあふつうに袋に入れてくれてそれだけである。ところがその店員によっては「パン、温めますか?」と聞いてくれたり、サッと紙製のおしぼりを入れてくれたりするのである。
 これを聴いてみたら家にあるCDとは印象がまったく違う。ひとくちに大人っぽいのである。家にあるのはタール&グロートホイゼンによるもので、とてもチアフルでこれはこれでとてもいい。これを聴いて多くの子供たちが「弾いてみたい」と思ったというのもわかるような、そんな演奏だ。
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ/
    アレクサンドル・ラビノヴィチ