96年式エグザンティアSX 
 走行距離:87,152km 
燃費:10.8km/リッター 
Tシャツがおまけでついてきた
ミシュランMXV8
 タイヤを交換した。今度はミシュランMXV8(エムエックスブイエイト)である。サイズは標準の185/65R15。最初についてきたMXV-3Aを3万5000キロほど使ったあとのGR-5000に続き、わが家のエグザンティアとしては3セットめの夏タイヤとなる。一見してショルダー部がまるくて、サイズは同じでも外観はGR-5000とはずいぶん違うものである。
 MXV-3AとGR-5000については、乗り心地は同等で、騒音はGR-5000が少なく、逆にウェット性能はMXV-3Aの方が良かった。
 雨の中央道で、GR-5000は少し前にいやな動き(たぶんハイドロプレーニング)をしたことがあって、それ以来慎重に乗ってきた。思い起こしてみてもMXV-3Aはそういうことはまったくなかった。もちろん条件をそろえてのテストなんかではないし、それぞれの限界付近での性能を試したわけではないが、経験は生かしていきたい。
 タイヤというのは、次のを使うことによって、逆にそれまで使ってきたタイヤの性格がはっきりわかるものである。MXV-3Aだけを使っているときは、それが車そのものの性格なのか、あるいはタイヤの性格なのかはつかみにくい。それがタイヤを換えてみると、よく見えてくるのである。「ああ、そうだったのか」と。
 新しいタイヤ、MXV8の溝は約7ミリ。これがどう変化していくか。使いはじめに雨の中を走ったりしたのだが、新しいタイヤには、添加剤やオイルなどが含まれているということで、実によく水分をはじく。
 さて、交換後、近所をぐるっとまわってきての第一印象は、全体になめらかでこまかいショックが少ないこと。減ったGR-5000との比較ではハンデがありすぎるが、新品時のGR-5000の印象を思い出すようにしても、そういう印象である。
 せっかくなので千葉まで慣らしに行ってきた。騒音も少なくほとんど文句ない印象だった。
ミシュランMXV8。タイヤショップではなくシトロエンディーラーから購入した。ホイールカバーはとてもいいデザインだと思うが、最初期、ディーラーの取り付けミスで箱根でひとつ落としたことがある。

ミシュランMXV8を装着して走り始めたエグザンティア
MXV8は、ミシュラン乗用車用タイヤの中のエナジーシリーズに属する。15〜18インチまであり、プロファイルは65〜45パーセントまで用意されている。選んだのはエグザンティアの標準サイズの185/65R15で、シリーズの中で最も細いタイヤになる。
平成17年度に開通する予定の道路前にて。ミシュランMXV8を装着したエグザンティア。4.5メートル未満のボディに対し、ホイールベースは2740ミリとかなり長い。最近の日本車もずいぶん長くとるようになってきたが、エグザンティアの個性的で、なおかつかっこいいスタイルは今も健在だ。
GR-5000よりもサイドが丸い。見ためでも乗り心地が柔らかそうな印象。実際はどうだろうか。
MXV8は細かいブロックが特徴のパターン。カタログのうたい文句はすごい表現(『静けさの新たな基準がここに』、などということ)だが、果たしてそのとおりなのか(もちろんそうあってほしいが)。

スムーズ、静粛、あらゆる路面で快適なMXV8
 シトロエン・エグザンティアにMXV8を装着して、いつもの中央道を走ってきた。もう路面の凸凹さえ覚えてしまったぐらい走った中央道。ここを走れば違いはとてもよくわかる。その結果は、あらゆる路面、そしてあらゆる速度でそれまでのGR-5000を越える快適性を備えていた。
 エグザンティアは、もともと特に低速時の細かい凸凹の吸収を少し不得手としており、課題のひとつだった。それがMXV8によってかなり救われる結果となった。高速に乗れば、もともと高速を得意とするエグザンティアではあるが、110km/h付近で少し共鳴するような部分があり、それは120km/hに上げてやると消えるのだが、拭いきれない固有のものだと思っていた。それがMXV8だときれいに消えたのである。
 MXV8は、騒音・振動が非常に少なく、それまでのGR-5000を完全に過去のものにしてくれた。速度を上げても騒音・振動は微増するだけで、回転のなめらかさは、悪くなかったGR-5000をはっきりと凌駕する結果となった。
 自分でばかりでなく、同乗者に聞いてみると「今度の方が揺れが少ない感じ」ということだった。
 むろん、公平な立場で比較するなら、ブリヂストンなら最新のGR-8000を持ってこなければ公平ではない。古くなったGR-5000が最新の他メーカーにかなわないのは当然と言えば当然なのである。ただ一般の使い方で、消耗部品を交換するなら、その違いを明確に感じたいではないか。
 特にタイヤは安全性はもとより走行フィーリングを左右する重要なパーツだ。交換となれば一大事なのである。それがもしあまり変化がないようではおもしろくない。
 エグザンティアはMXV8によって、この時期になって、さらに一段と良好な乗り心地を得たのである。休日に家にいるわけにはいかなくなってしまった(笑)。

おいしいものを食べると元気が出る
 千葉に行ったので、せっかくだから千城台に行って、あさりを買って帰ることにした。そう、あさり。生ではなく魚介乾製品のあさり。これは諏訪商店のもので、滋味があってほんとうにおいしい。
 かつて住んでいたところでは、たまに名産品販売があって、そのなかにこのあさりがあった。これをためしに買ってみたら、とてもおいしくていっぺんに気に入ってしまった。その後似た商品を買ってみたが、残念ながらみためはそっくりでも、味はずいぶん異なるものだった。旨みが少ないし、少し生臭さも感じるような味だった。それでもそれだけ食べているぶんには、それなりにおいしいのだが、諏訪商店製を食べると差を感じてしまうのである。
 この諏訪商店のものは、噛めば噛むほど味の奥行きが増してきて、あさりの甘み・旨みがたっぷりなのである。しかも生臭さはまったくない。家族に言わせると「歯ごたえが硬い」というのだが、硬いと思うのは最初だけで、その後は噛むごとにやわらかく、ひとくちひとくちの瞬間に旨みがジュワッとにじみ出てくるから、これはもうたまらない。少し高価なのが痛いが、まあこれだけの味わいならいたしかたあるまいと思う。かつて買っていたのは3000円の袋入りで、ひんぱんに買うのものだから、小袋をおまけにもらっていたりしたのである。
 かつてファミリーレストラン「ローヤルホスト」にあった「ラムステーキ」も好きだったが、これはいつのまにかメニューから消えてしまった。これも人に勧めたら「おいしいけど、硬い」と言われたことがある。まあ、好みもあるだろうし、いずれにしても本人がおいしいと感じるものは、その人の体に悪くはないのではないかと思う。
 人それぞれ好きなもの嫌いなもの、いろいろだと思う。島倉千代子だってそう歌っている。タイヤひとつにしてもブリヂストンが好き、ミシュランが好き、ピレリ党、いろいろだと思う。でも実際には比較ができない。また仮にできたとしても、感じとった差をどうするというのか。ならば、選んだもの、あるいは今使っているものを大事にしていきたいと思う。
 今回選んだミシュランMXV8はとてもいい感触でスタートした。
これが「しおふきあさり」である。噛めば噛むほどおいしい。炊き込みご飯にしてもよい。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア