◎グランド・リサイタル
中村紘子(ピアノ)

銀座の中村紘子
 そういう機会があった。CDを買い求めた一週間後、銀座のヤマハに中村紘子がやって来たのだ。あまり広くない売り場は中村紘子の演奏を聴こうというファンで満員の状態になった。いろいろ話を混ぜながら全部で4曲を披露した。その話がとてもおもしろくて演奏よりよかったほどだ(笑)。
 ショパンのノクターン「遺作」では「この曲は最近、映画『戦場のピアニスト』で有名になったようですが(ここで観客一同、うなずく)、私はみていません(皆、笑う)。実はあのころのワルシャワで私は悲惨な話は半年も聞かされていたので、もうあの時代の話はこりごりだったし…」というような話をした。
 「それよりこの曲のエピソードとしては、(ヤマハの本拠地の)浜松にホテルがあって、ここのホテルはエレベーターのとびらが五線譜になっているんです。そればかりか浴衣も五線譜模様で、書かれているのはこのノクターンなんですね。海外からのアーティストが来るとこのホテルに泊まるんですが、エレベーターに乗るときにまずこの曲にふれ、夜もこの曲のゆかたで抱かれるように眠る。すると演奏会のアンコールで『ではエレベーターミュージックを弾きます』というのだが、観客はわからないのでぽかんとしてしまう」という話。
 また、ユンディ・リーについては「あのようなオーラのようなものを持ったピアニストはめずらしい」という話や、演奏するときは会場に早めに行き2時間は前もって弾く。弾くことによって自分にピアノが馴染んでくる。今日のピアノはまだ「こんにちは、はじめまして」の状態だとか、とてもわかりやすくて興味深い話だった。
 こういう所で生のピアノを聞くと、CDの音がいかに余分な雑味のない音質で録音されているかがよくわかる。
解説は演奏者自身の言葉で聞きたい
 録音は2004年7月、ベルリン、テルデックス・スタジオ。アルバムの中で、中村自身が「夏の木もれ陽の下で」というタイトルで一文を載せている。デビュー45周年記念アルバムだという。
 これを読むと思うのだが、CDのアルバムの曲の解説は演奏者自身でしたらどうだろう。演奏者の、その曲に対する気持ちは聞いてみたいと思うのだが。

 食べ物だってそうだ。何の説明もない料理や食べ物を出されるよりは「材料は○○産の△△をたっぷり使い、ていねいに焼き上げました」とでも言われれば、なるほどなあと満足度が大きくなるのではないか。ひとつのものをより味わうための工夫はあると思う。もちろん内容の伴わないものは困るが、せっかく作り上げたものを提供しようとするなら、気持ちを込めたいのではないかと思う。

 コンサートでもサロンコンサートなら、そういうことも可能ではないかと思う。