諏訪大社下社御柱大祭に行く
シトロエン エグザンティアの総走行距離は82,133km。今回給油分の燃費は13.5km
1 2
4 5
3
6 8
7
1.音柱を引っ張る綱 2.下社春宮の入り口 3.里引きを待つ御柱 4.このように誰でも希望すれば御柱に乗れる 5.建御柱(この御柱がやがて直立する。乗っている男たちはうまいことロープを使って、御柱にへばりつく) 6.ミニ御柱。これを年輩者がまじめに引いていたのがおかしい 7.子供たちの長持(ながもち)。動きがユニークで、なんとなく女性的な動き 8.若い女性たちも長持。「ギシッ、ギシッ」という音を発していた

諏訪の御柱(おんばしら)祭を見てきた。長野県諏訪の、7年に一度のお祭りである。実際に見るのは初めてである。
一般には諏訪といっても、実は「諏訪市」と「下諏訪町」とに別れており、上社があるのが諏訪市、下社があるのが下諏訪町である。そして「かみすわ駅」があるのが諏訪市、「しもすわ駅」があるのが下諏訪町と、ちとややこしい。

祭りというのは「かけ声」がおもしろいと思う。いろいろなところでかけ声を聞くが、何と言っているのかなあと、いつも思う。それを文字にすると妙な感じがする。
諏訪北小学校の駐車場にエグザンティアを置いて、歩いて諏訪大社下社春宮(すわたいしゃしもしゃはるみや)へ行ってみると、建御柱が始まるところだった。

建御柱(たておんばしら)について
御柱は初め山から山出しして曳行され、有名な木落とし坂を通過し、注連掛(しめかけ)に寝かされる。そこから里引きが始まり、春宮に到着し、御柱は境内に建てられるのである。それを建御柱と呼ぶ。

建御柱は、氏子(うじこ)といわれる10人ほどの男たちが御柱(モミの大木)に乗り、その状態から徐々に直立にしていくのである。ななめになるにつれ男たちは用意していたロープで御柱に体をくくりつけて、滑り落ちないようにしていく。

てっぺん男(御柱の一番上に乗る人)が、天を仰ぐようにかけ声をかける。
「こ
ーれわー、さーのーへー」(『俺は3等兵』に聞こえる。歌うように、そして少し調子がはずれた風にすると近い)

これは何度も言うので何と言っているのか気になり、地元の人に聞いてみたら
「『
これはさのえ』だわね。だけどかけ声だで、あまりこまかいことは気にしないだで」と言っていた。
そしてそのことばに続いて、「
いさーっ、ぃいさーっ、ぃいさーっ!」と早口で合わせるのである。つまりまとめて始めからから言うと、
ーれわー、さーのーへー」(てっぺん男)
ーれわー、さーのーへー」(他の氏子、その他がいっしょに言う)
いさーっ、ぃいさーっ、ぃいさーっ!」(3拍子を続けて全員で言う)

もちろん歌いだしというか、最初に民謡のような出だしがあり、それに続くのだが。他に、
よーいーとーけっ」(てっぺん男)
よーいーとーけっ」(他の氏子)
いさーっ、ぃいさーっ、ぃいさーっ!」(全員で言う)
というバリエーションもあった。

建御柱を見たあと、別の御柱の里引きを見た。独特の節回しでスタートの合図とともに「ずるずるっ」と御柱は引かれる。これには女性でも一般客でも乗ることができる。滑りやすいし、つかまるものもないので注意しないと倒れる。実際倒れていた。
御柱の後端の男性が、かりあげヘアーで全体のかけ声の間に「そいやーっ!、そいやーっ!」と、乾いた力強いかけ声をかけていたのが印象的だった。

週末にはシトロエンやルノーを見ることが多い。アルファロメオやプジョーは平日でもたくさん見かけるようになったが、シトロエン、ルノーに関してはまだ平日は少ない。特にルノーは本当に少ない。今回は茅野市内の駐車場に停めておいたら、いつの間にか隣にルノー・twingoが寄り添うように停まっていた。昔昔、小学生のときに読んでいたモーターマガジン誌に、女優の光本幸子さんのセドリックが紹介されていて、そのときのナンバープレートの番号は5148だった。なぜそんなものをおぼえているかというと、光本さんが「このセドリックぶつけられちゃったんです。番号が5148でコイシーワー(恋しいわ)となったのかしら」と言っていたからだ。twingoも異国の地で同国の先輩に会って「こいしいわー」と寄ってきたのかもしれないと、ひとり思っていた。

 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア