雨の蓼科を走る 現在の走行距離72,269km(7年7ヶ月+)
 今回給油分の燃費は12.1キロ。数値が少し落ちたのは前回の点検分を含んでいるからだろう。
■前回点検の料金
「サマーチェックキャンペーン」なるものを受けて、各部リフレッシュした分の料金は下記のとおり。
●作業料金
 サマーチェックキャンペーン 4590円
 エンジンオイルフィルター  1800円
 パンク修理         3000円
 リヤトノカバーハンガー   4500円
●部品単価
 ドレンボルトワッシャ     210円
 オイルフィルター      1050円
 トノカバーロープセット   4080円
 というわけで合計では1万9千円ちょっとになった。
 パンク修理で気になるタイヤは残り溝4
〜5ミリ。新品時の溝をはかってないので正確ではないが、約半分ぐらいのはず。まだ使用限界まではあると思うが、タイヤはとても大切な部品なので、限界ぎりぎりまで使う気持ちはもちろんない。
■小屋はここまで出来た
 私たちが蓼科に行くときはたいてい雨で、到着して晴れてくると暑いくらいになる。冬の雪が信じられないくらいだ。小屋の大きさは人が横になれるサイズがある。屋根や脇の部分など、完成までにはもう少し時間が必要。色も塗らないと。エグザンティアの赤のサンシェードは紙製で、だめになったら捨てても惜しくないもの。ディーラーで点検時にもらった。

■「ビストロ・ラパン」の昼食
 茅野市内のビストロ・ラパンは、フランス料理店。この店で、初めてミシュラン・レッドブックを見た。置いてあったレッドブックは、おそらくシェフの修行時代に使ったものであろう。フランス語の辞書も置いてあった。
 私たちは、ふだんほとんど外食をしない。そのかわり蓼科に来たときは外食になる、当然ながら。でも、もともとふたりとも質素を旨としているので高級なレストランなどに入ることはない。ごくふつうの定食屋で十分だと思っている。ラパンもビストロというだけあって、こじんまりとした控えめな店だと思う。料理は文句なしにおいしいもの。
 駐車場は6〜7台が止められるスペースがある。窓には虫よけの網が張ってあり、それ越しにみるエグザンティアはシルクスクリーンのようだった。

■雨の対策
 雨の高速はやっかいなものだ。見にくくなるし、ライトをつけない車も混在して走っている。一般道も歩行者が見えにくかったり、傘を持っていない人が道路を一気に渡ったりもする。注意が必要なのはこのようなときだ。
 フロント・ウインドーにはソフト99のグラコ(撥水剤)を使っているのが、走る前にこれを塗っておくと、雨をはじいて、状況によってはワイパーなしで走れる。左のように雨粒が上方に移動して飛んで行き、視界を確保できるというわけだ。特別この製品がいいというわけではなく、たまたま買ったのがこれだったという程度。もうひとつ、同種の別の製品も買って用意してあるので、 グラコがなくなったらそちらを使ってみようと思っている。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア