蓼科高原「ホテル・エグザンティア」休業のお知らせ(笑)
 近くに新館(別名:蓼科の小屋)ができたため、そちらがメイン(?)となった。
 
長野県茅野市
 客室:1 定員:2名 バス・トイレ無し 冷暖房ももちろん無し 素泊まりのみ可
  ※現在のエグザンティアの走行距離73,343km 今回給油分の燃費は10.2km
■夕方近くの出発
 大雨の中央道
 出発は、仕事の関係で午後3時。都内は曇っていて、中央高速は途中から大粒の雨となり、視界は遮られ、ところによって道路が川のようになっていた。エグザンティアのヘッド、フォグ、リアフォグを点灯して慎重に走る。
 長野県に近づくころには天候も回復し、午後6時ごろには諏訪インターへ到着。夜はKさん夫妻と
イタリアンレストラン「フィールドノート」で食事。
■小屋で宿泊
 すばらしい夜空
 土地に着くと、小屋はドアも付いて完成しており、それならと、ここで宿泊することにした。もちろん午後10時近いのであたりは真っ暗。並の都会人なら逃げ出したくなるんじゃないかと思う。
 前回の経験が生きているので、準備にとりかかり、ほどなく用意完了。それから夜空を見上げてみた。
 就寝前に夜空の星たちを写真に撮ったのがこれ。よーく見ると、かすかに写っているのがわかる。じーっと見ていると…、それはもしかしたら画面のほこりかもしれませんが。
 さて就寝というときに、まったく音がないような土地だと思っていたのに、かすかにいろいろな音が聞こえるものだ。まず、就寝直後に近くにあるドラム缶が「ボンッ」と鈍い音をたてた。何かなあと思いつつ、眠いのでそのままにした。
 明け方小雨が降っているようなので、「ああ、雨になったか」と思っていたら実は雨ではなく裏の小川の流れる音だった。間断ない音なので、そういうふうに聞こえたのだ。
 それから農作物を守るための爆竹のような音も、遠くに聞こえる。さらにかすかな花火のような音も聞こえた。空気が澄んでいるのでかなり遠くの場所だと思われるが。
 夜中トイレに起きてみたら、月明かりが十分な明るさに感じられ夜空には数多くの星たちがまたたいていた。でも写真を撮る気持ちよりは小屋の中にもどる気持ちの方が強かった。
■朝を迎えた小屋
 いよいよ塗装の日
 朝目が覚めて小屋の天井の写真を撮ってみた。しっかりとした造りがわかる。明かり取りに小さな窓もある。
 入り口をあけてみたところ。エグザンティアはこの位置に止めて夕べは眠った。エグザンティアのリアウインドは霜が降りていた。夜はそれなりに涼しくなるということだ。このへんが東京とは違うところ。
 表からみるとこうなる。いよいよこの小屋に色を塗っていくのだ。右上方が窓、ドアの造りもしっかりと裏打ちしてあり、もちろん鍵付き。
■おいしすぎる(!?)
 ランチ
 昼食は料理倶楽部いとうで。内容は野菜が豊富で、おいしすぎるほどの昼食。なによりとてもていねいに作られたのが伝わってくるのがうれしい。
 この店はこの時期は忙しそうで、私たちの後からもすぐ何人かで来た客が2グループほど入ってきて、「おいしい」を連発していた。
●ちょっと一服
 まるで絵に描いたような景色。
 ♪「うさぎおいしかの山、こぶな釣りしかの川…」
 空の青、白とグレーの雲、空とはまた違う青の山並。緑の田園。ほのぼのとして、誰しもが幼少のころをなつかしむような、そんな風景があった。
■色は深緑に。とにかく暑い!
 いよいよ始めた塗装作業。麦わら帽子は必需品。ほかに用意していったのは、塗装用のめがね、防じんマスク。日なたは猛暑といっていいくらいの暑さ。なにしろ日なたに10分とはいられないほどで、実際、日なたに置いたプロトレック(温度計付き腕時計)は最高48.4度を示していた。
 匂いやら暑さやらでめまいがしそうだった。休みながら、そして日陰に逃げ込みながらの作業をこなしたのだ。
 エグザンティアの向こうの雑草は、手では刈り取ることが無理なので、今回はあきらめるつもりだった。が、あとでHさんが草刈り機を貸してくれたので、それで一掃できた。
■ドアとひさしは別の色にしよう
 何とか色のついた小屋。全体を緑にしてしまおうと思ったのだけど、ドアとひさしは別の色にすることにした。
 塗料屋に行って赤が欲しかったのだけど、無いので他の色を選んだ。塗ることそのことより、暑さに耐えることが大変だった。窓にはちゃんとマスキングテープを貼り、塗っていったのだ。
 向こう側の雑草がうっとうしいなあと思っていた。暑さとうっとうしさと塗料のにおい、もう苦しくなるほどだった。
 日陰のまったくないところに停めたエグザンティアは触れないほど熱くなり、濡らしたタオルをテールゲートの上に置いたら、すぐに乾燥してしまうほど。蓼科は暑い! 右の写真でも何となく暑さが伝わるでしょう。
 それでもエグザンティアは調子をくずすことはまったくなくて、もちろんエンジンも一発で難無くかかり、買い物やお風呂に向かって行ったのだった。
■初めての草刈り機を使う
 本当に丈夫なエグザンティア
 生まれて初めて草刈り機を使った。ハンドル部に車のスロットルみたいなものがついていて、力を調整できるようになっている。
 この草刈り機での作業は、爽快そのもので、ずっとやりたいぐらいの気分のよさ。この広さの辺り一面の雑草が、下の写真のようにすっきりとなるのにはそんなに時間はかからなかった。やはり機械は大事である。必要な機器をうまく使うことである。
 2日間かけてようやく小屋の塗装と、草刈りが終わり、心地よい疲労を伴いながら帰路へついた。
 エグザンティアはこの暑さの中、もちろんエアコンもしっかり効くし、オーバーヒートの兆候もまるでなく、快適で快調のまま、無事帰宅することができた。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア