秋の蓼科と、エグザンティア
 蓼科はもう秋となった。山並みも季節の変化が感じとれるようになってきた。
 
現在の走行距離73,790km(7年9ヶ月)。今回給油分の燃費は13.5キロ/リッター。
 今回も非常にいい燃費を残した。余分な荷物を降ろしたことも要因であろう。
■最長の
 エグザンティア
 私が今まで使ってきた車の中で最も長く使ったのは7年5ヶ月だった。エグザンティアはすでにそれを越え、最長になったことになる。
 実はエグザンティアの最初の印象は悪く、納車のその日にがっかりすることがあって、その後も数カ月は期待はずれのことが次々に発生し、手放すことさえ考えた。
 それでも元来私は何でも長く使う気持ちが強いので、短い期間で手放してなるものかという気持ちと、悪いことばかり見てないで、エグザンティアの「いい部分」を、積極的に見てあげようという気持ちになった。
 やがて各部のトラブルがなくなるとエグザンティアの印象は好転していくのだった。
■小屋の塗装
 その仕上げ
 高速の途中の風景は緑から山吹色に変化していた。さらば夏の日…。安楽なエグザンティアの助手席で、伴侶は睡魔と戦っていたようだが。この日はシトロエンは1台も見かけず、プジョー(205、206、307)とルノー(メガーヌ)ばかり。
 緑の小屋の塗装は最終段階で、ひさし・ドアの部分は濃い茶色に塗った。木目を消すような、ソリッドな濃い色にしてくっきりとした感じを出そうとしたのだ。
 この日も日中は暑く、休みながらの作業だったが、さすがに真夏の日照りではなく、適当な風もあって快適な日だった。マスキングテープをして全面に茶色を塗る。
 8月までは雑草がぐんぐん伸びているように思えたのに、気のせいか季節のせいか伸びが大人しくなったように思えた。微妙な変化を少しずつ感じとることができるような、そんな気持ちだった。
■日陰の優しさ
 午後4時ごろになるとすーっと日陰ができてくる。そこで休むと涼しくて爽やかなのだ。真夏の日ざしと違い、車にも優しくなっているかのような日の光である。心なしかほっとしているかのようなエグザンティア。
 手前はテーブルの「ふた」。これは伴侶が担当して薄めの茶色を塗った。これをかぶせる下部は物入れとなっており、今回は塗料などを収めておいた。
■緑と茶の外観
 向こう側の小屋はここまで塗った。全体は緑色、扉やひさしは水性の茶色、緑は塗り足した。全体的にはエグザンティアに通じるような、シックで落ち着いた感じになったと思うが…。
 塗装には脚立を使ったのだが、手が届くような部分でも脚立を使ったほうがうまくいくことがわかった。というのも、使わないで手をのばしてやろうとすると、手元に塗料が垂れてきたりして、うまく行かないのである。脚立の高いところからエグザンティアを写すとこのようになる。向こう側の下がったところには小川が流れている。この日はお祭りにでも使ったのか、すいかやかぼちゃ、うりなどが流れていた。
 ドアを開け放ったエグザンティア。後部のドアはこのように大きく開く。大きめの荷物も積むことが可能。二人分の生活道具と荷物を積んで、長期の旅に行けると思う。長時間乗っていてもインテリアデザインが気に障ることがなく、そういう点での疲労はない車だ。
 帰路の夕焼けは秋を感じさせるものだった。向こうには富士山がくっきりとそびえたっている。空と雲と富士山と、そして月に声をかけたくなるような、そんな光景だった。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア