◎チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番
 ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」
上原彩子 Ayako Uehara(ピアノ)
 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮
 ロンドン交響楽団

 録音:2005年3月、5月、ロンドン
◎2002年チャイコフスキー国際コンクール・ライヴ
上原彩子(ピアノ)
 ロシアン・シンフォニー・オーケストラ
 マルク・ゴレンシテイン指揮

 録音:2002年6月、モスクワ
 次の1枚はライブ録音で、チャイコフスキーコンクール時のものである。これも何度も聴いてみた。そしてそれは何度聴いても新鮮で魅力にあふれたCDだった。ライブ録音のため、たとえばホールのざわざわした音やせきばらい、あるいは上原彩子の座っている椅子がぎしぎしいう音などが入っている。
 ひとつは選曲の良さがあると思う。そう、選曲がいいから飽きさせないのだ。チャイコフスキーにはこんなに魅力的な曲があったのかと再認識させられる。その曲を上原彩子のピアノはよく伝えてくれるのである。それは聴いたときの印象がとても耳に残るのである。この曲も聴き終わってから、耳の奥でピアノの音が何度も耳で反復するように鳴っているのだった。
 先日のテレビ「題名のない音楽会」で上原彩子の演奏を見て聴くチャンスがあった。
 上原は「集中して弾くので食事をとらずにやってしまう」ことや、「気が乗らない日は散歩に行ってしまう」ことを話していた。
 演奏が始まると独特のスタイルでピアノに向かう姿に圧倒されてしまう。一生懸命などというものではない。
 1枚めのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は上原彩子の新作アルバム。聴けば聴くほどまた聴きたくなる。何度も聴くとまた聴きたくなる。冒頭の壮大で華麗な部分でまず人は惹き付けられるが、その後の部分に独特な魅力を、この演奏で再発見した思いだ。
 最近のニュースでクラシックの名曲のさわりの部分だけを100曲ぐらい集めたCDが売れていることを伝えていたが、聴きやすくてそれを聴いてみたくなってそのオリジナルもまた売れているというのだ。それはそれだが、上原彩子のこの曲を聴くとクラシックの良さは別のところにもあるのではないか。一度聴いてみてもあまりなんとも思わないような曲でも、なぜかほんのちょっと耳に頭に響き、それでもう一度聴いてみる。するともう少し耳に残り、さらに聴いてみるとそれが焼き付いてきて、その後何度も聴いてみる。そうするともう忘れられない曲となることがある。最初の印象としては薄くてもそれを塗り重ねるような聴き方をすると、ジワジワと良さが伝わってくるものがひとつだと思う。また、クラシックの良さは同じ曲を別の演奏者がやるとこれがまたおもしろい。

 大変失礼ながらあまり美形とは言えない容姿ではあるが、妙な言い方をすると上原彩子の魅力のひとつはその容姿なのである。ひたむきなピアノへの愛情、情熱。それを語るときの上原の自然な表情が実にいい。その人それぞれが持つ自然な表情は、魅力的というか、その人らしくて、その人しか出せないものなのである。
 2002年のチャイコフスキー国際コンクールに入っている曲の「パガニーニの主題による狂詩曲(ラフマニノフ」は実に表情豊かな曲で、上原の良さがとてもよく発揮される。この曲は車の中でもよく聴いているが、まったく飽きない。劇的な展開が楽しめ、蓼科までの距離を短く感じさせる。中央道はラジオの受信状態があまりよくなく、そういうときにはCDがいい。
 上原彩子が何を思って演奏しているのか、恍惚としているような、あるいは作曲家の何かを感じとりながら演奏しているのだろうか。それは本人に聞いてみないことにはわからないのだが、「うまく弾こう」とか「失敗しないように」そういうものは眼中にまったくないような表情なのである。
 上原彩子はメロディーを口ずさみながら弾いていた。話しかけるような、そんな感じである。自然にそうなってしまうのだろう。それはこれまでに出したCDアルバムの中でも注意すると聴いてとれる。
 それまでCDだけ聴いていて思ったのは、強音弱音を明解に表現するので、ピアノを何台もこわしただろうなあなどと勝手に想像していた。ところが意外だったのは、想像とは違いピアノに対して実に優しいのである。決して肩に力が入りすぎていないのである。