今年(2009年)は、人類が初めて月に足跡を残して40年だという。そのときの宇宙飛行士が腕にはめていた時計として存在するのがオメガ・スピードマスターである。そういう意味では無二の腕時計といえるだろう。
 いままでこのスピードマスター(プロフェッショナル)を何度買おうと思ったことか。結局買わずにここまで来てしまったが、いまでも気になる時計のひとつであることに変わりはない。
 手巻きのクロノグラフ。精度は昨今のクォーツにまったくかなわないだろう。だがこの時計のデザインは実にいい。ブラックのベゼルとダイヤル、3個のインダイヤルの美しさ、それらの位置関係の良さと大きさとがあいまったバランス。無彩色の良さが100%発揮されているような、個性的で、かつかっこいいデザインだ。
 手巻きの時計としては、ジラール・ペルゴのリシュビルを約10年間使ったことがある。これを求めたときにもスピードマスターが気になった。それでもジラール・ペルゴの方を選んだのは、きれいなトノー型で落ち着きと品があることからだった。使ってみて、デザインに見とれてしまうほどのきめ細やかな形は満足いくものだった。ただ、皮ベルトは非常に湿気に弱く、およそ2年に一度交換が必要になった。しかもこの交換ベルトが3万円もするのだ。これは痛い。
 水はもちろん汗にも弱く、皮ベルトは容赦なく劣化していくので、困ってしまった。見た目は厚みがあってかっこいいものではあったが何しろ弱い。思いあぐねてデパートで低廉の(といっても1万円ほどした)ベルトを付けてみた、が、これは失敗。全体のデザインは損なわれ、まるでその良さを失ってしまった。早々にまた純正に買い替えることになったのである。
 メカニズムのメンテナンスも必要になる。あるとき時計店に持って行ったら「だいぶ精度が落ちてますね」と言われてしまった。それを頼んだら数万円かかった。むろんこのようなメンテナンスをほどこしても機械式の時計は狂う。いつの間にか数分も狂っていたりするのは、それによって仕事に支障をきたすまでは行かないかもしれないが、まあ、高い時計は何かとお金がかかるのである。
 そうこうしているうちに、少なくとも汗をかきやすい夏の時期はやらない方がいいかなと思うようになったのである。ところがいつの間にか夏に使う時計が無かったのに気付いたのである。コレクションという趣味がほとんどないので、使えなくなったら処分したりを繰り返していたのである。そこで夏に使う時計を急きょ求めることにした。
 そうこうして選んだのはオメガ・シーマスター300Mである。ずっしりと重くて、ジラール・ペルゴとはまた違った魅力がありそうだった。長針、短針、秒針と日付けのシンプルな構成。秒針の先端がきれいな赤に塗られている。このシーマスターから、これまでのどの時計とも違う良さを新たに感じることになった。
 まずデザイン。がっちりとした重厚な本体デザインと質感は徐々に、そして確実に心を捉えていった。見れば見るほどまた見ていたくなるような文字盤が実に美しい。よく見ると黒ではなく濃紺で波形がモチーフになっている。本体とステンレスベルトとも金属の角がきれいに丸められているようで、腕にはめていても、とがっているようなところが無く、滑らかで、重さと感触が実に心地よいのだ。
 そして丈夫であること。仕事で使うのでときどきあちこちにぶつけたりしてしまうが、少なくとも肉眼で見えるような傷はまったくつかない。こういうところの使い勝手が自由で気分がいいのである。
 これがジラール・ペルゴだと華奢というか、そういうことを気づかって、思わず守ってしまうような、そんな身体の動きをしてしまうことがあった。これでは逆なのだ。そう思うようになってから結局ジラール・ペルゴは手放すことにした。
 今ではシーマスターが壊れたらまた同型を買おうと思っているくらい気に入っている。こんな出会いはめったいないだろうと思うようになった。スピードマスターを買わないのは、そのデザインは大変魅力的であるものの自分にとってシーマスターの方が合っていると、何となく感じとっているからかもしれない。
 とは言いながら、気持ちは突然変わるかもしれないし、いきなりスピードマスターを手に入れたくなるかもしれない。そのために常に時計貯金(!?)はかかせないのである(笑)。
                  (2009年10月)
オメガ・シーマスター・プロフェッショナル300M。光沢のある表面に汚れはつきやすいが傷には非常に強く、購入後10年近くなっても目立つような傷はない。
ベゼルが実に美しい。文字盤はミッドナイトブルーといった色で、写真ではわからないが「〜」型のきめ細かい模様が入っている。
トップヘ戻る