プロトレックの使い方

 気圧は過去26時間分のグラフ表示が可能となっており、気圧の傾向から天気を予測することができる。また目標高度に達したことを知らせる高度アラーム機能などもある。これ以外にある機能・特徴として、
 5 アラーム・時報
 6 ストップウオッチ
 7 2039年までのオートカレンダー
 8 バックライト(手動で発光)とオートライト(時計を傾けただけで発光)などがある。以上の機能を順に紹介していこうと思う。
 まず1の方位だが、プロトレックを水平に持って計測したい方に向け右上のボタン(メーカーではLボタンと呼ぶ)を押すことによって、パネルに方位の省略英字と角度が表示される。方位メモリーは計測表示されているときに右下ボタン(Aボタン)を押し、そうするとメモリー番号が切り替わるので、メモリーしたい番号のところでLボタンを押せばいい。
 この方位機能は、磁気環境によってずれたりするので出来ればひんぱんに補正を行なった方がいいということだ。方法は簡単である。方位計測表示のときに左上ボタン(Bボタン)を1秒程度押すと「ー1ー」が表示される。そのまま動かさないようにしてLボタンを押すと(うまくいった場合は)「OK」と出て、すぐに「ー2ー」の表示に変わる。その後プロトレックを水平に180度動かしてもう一度Lボタンを押す。(うまくいった場合は)「OK」となって完了である。
 プロトレック1471のバンドが切れてしまい、交換しようとして店に行ったら、「今は置いてないので、メーカーに在庫があるか問い合わせないと分かりません」という。そして「汎用品でいいならサイズの合うものがありますが…」というので探してもらったものの、どれもいまひとつなので純正品を取り寄せてもらうことにした。
 この店であれこれ聞きながら、他の時計を見せてもらっているうちに、せっかくなのでプロトレックの使い方をまとめてみようと思った。
 プロトレック1471の計測機能は、
 1 方位
 2 気圧
 3 温度
 4 高度の4点で、1、3、4はメモリーが可能で、必要に応じてそれを呼び出すことができる。

 他にもうひとつ北方位補正というのがあるが、これは、正確な北の方位がわかっているときに使うものである。
 まずモードは「時刻モード」状態にしておく。ここからLボタンを押して方位を計測状態にする。そしてBボタンを約1秒間押してからCボタンを押す。すると「北方位補正状態」になってNが点灯する。そのNが点灯しているときにプロトレックを水平にして12時位置を北にしてLボタンを押す。これで正しい場合は「OK」が出て、あとは自然に方位計測表示に戻る。いずれの場合もエラー表示(ERR)になるときは最初からやり直す。
 次は2の気圧と3の温度計測。「時刻モード」(曜日・年月日・時刻表示の状態)からAボタンを押すだけで、温度と気圧、そして過去26時間の気圧がグラフ表示される。気圧の単位はhPaで、測定範囲は610〜1100hPaまで。計測は2時間おきで、グラフ化される。そのグラフが上昇気味なら天気はよくなり、下降気味なら悪くなるという。温度ははじめの3分間は約5秒ごとの計測、それ以降は5分ごとの計測となる。測定範囲は-10度〜60度となっている。
 そして4の高度である。これは「時刻モード」からCボタンを押すだけで表示される。はじめの3分間は約5秒ごと、それ以降は2分ごとの計測となる。計測範囲は-4000〜4000メートルで、表示単位は5メートル。この高度は気圧変化を高度に換算するので、気圧が変化すれば高度表示も変わる。そのためときどきセットし直すことが必要になる。
 それは高度がわかるところで「高度・温度計測モード」からBボタンを1秒間ほど押してからAとLボタン(Aは5メートルずつ進み、Lは5メートルずつ戻る)を使って合わせていくということになる。
 高度のメモリーは「高度・温度計測モード」のときに、Aボタンを1〜2秒押してスタートさせ、終了もAボタンを1〜2秒押す。メモリーは最大50本となっているが、これは15分を1本として数えていくものである。これの使い方としては登山などで、登り開始から降りてくるまでなどで、あとで登山中の高度変化と温度などを確認できる。それが「高度・温度リコールモード」である。使い方は「高度・温度リコールモード」のときにAボタンとLボタンを押して(Aが1つずつ進み、Lが1つずつ戻る)見たいそのときのデータを呼び出すだけである。
 高度アラームというのはあらかじめ目標高度を設定しておいて、それに達したときにアラームを鳴らす機能である。「高度・温度計測モード」からBボタンを約1秒押すと(ここまでは基準高度セットと同じ)高度かOFFが表示されるので、今度はCボタンを押す。表示が「AL」となるのでAかLボタンを押して目標高度をセットする。その目標高度の点滅時にFボタンを押すと高度アラームのONとなる。表示も出てセット完了となる。そしてBボタンを押して「高度・温度計測モード」に戻る。この高度アラームONの状態で登山なりをスタートさせると、スタート時と目標高度の差を10等分して現在何割まで到達したかを円(というよりリング状)グラフで表示する。

 5のアラーム・時報機能は、「アラームモード」で、Aボタンを押して5つあるアラーム番号の中からセットしたい番号時にBボタンを1〜2秒押すと「時」が点滅しアラームONマークが表示される。次にCボタンを押して時か分を選び、AとLボタンを使ってセット時間を決める。時報は「時報表示」時にLボタンを押す。これにより毎正時に時報が鳴る。
 6のストップウオッチは「ストップウオッチモード」からAボタンでスタートとストップを押す。Bボタンを押してリセットとなる。途中経過時間の計測はA→B→B→Aボタンの順に押す。1着2着のタイム計測はA→B→A→Bボタンの順に押す。
 8のオートライトは登山中で両手が使いにくい場合など、傾けただけで発光させるというものである。「時刻モード」時にAボタンを1〜2秒押してオートライトONにするだけである。この状態からAボタンを再度1〜2秒押すとOFFになる。ただしこれは使い過ぎるとバッテリー消耗を早めるという。
 以上である。文字にすると長く感じるが実際はそれほどでもない。ただボタンの名称や操作に関連性や連続性がなく、覚えにくい面はある。
 機能のひとつひとつはともかく、ふだんのプロトレックの使い方としては、高度と方位のそれぞれを、その環境ごとに修正してやることだ。これをこまめにやることで誤差を少なくすることができる。
 交換した純正バンドは消費税込み1176円と安価だった。新しいバンドによってプロトレックそのものが新しくなったような感じさえした。これでオートカレンダーのリミットの2039年まで使う準備が整ったというものである(笑)。
              (2006年10月2日)
上は先日歩いてみた長野県の大河原峠(おおがわらとうげ)の周回ハイキングコースのグラフ。これはプロトレックの高度メモリー機能を使って計測し、そのデータを元に作ってみたもの。大河原峠から双子池、亀甲池を巡り、また大河原峠に戻る周回コースの高低差はこのようになる。縦軸は標高(単位はメートル)、横軸は時間で、15分単位。これを見ると、歩き始めがすでに2080メートル以上で、そこから2200メートル近くまで登っていき、そして一気に2020メートル以下まで下ったのがよくわかる。
上は双子池での案内板。まとめて各方向が指示してあった。双子池は底がハッキリ見える透明な池。左は大河原峠駐車場。ここは日がかげってくると涼しさを通り越して寒いくらい。もうこの季節は上着が必需品なのだ。実はこれまで何度か寒さで失敗したなと思うことがあって、必ず防寒対策を持って出かけるようにしている。