腕時計は1つだった。いつ、どこへ行くのもそれだけを付けるものだった。それがいつの間にかいくつかを使い分けるようになった。豊かにもなったのだろう。より正確さを求めた時計が登場してきても、相変わらず機械式がマニアには人気だったりする。腕時計には時を刻むだけでなく、心に響くさまざまなものが、ぎっしりと凝縮されているようである。
●プロトレックの使い方
●シーマスター