ライトバンとしてのエグザンティア
 エグザンティアを使い始めて、あと数日で8年になる。
 今回の蓼科行きを含めた総走行距離は76,774km。今回給
油分の燃費は12.9キロ/リッター。 
■夜のうちのタイヤ交換
 中央道で突然飛んできたもの
 金曜日に仕事を終えて帰宅したら、天気予報で「長野県の山ぞい地方は雪」といっているではないか。そこで急きょタイヤを交換することにした。
 サマーシーズンのタイヤはBSのGR-5000。スタッドレスはブリザックMZ-03で、サイズは同じ185/65ー15。タイヤというのは案外重いもので、金曜日のハードワークをこなしてからの交換というのは、熱意がないとできないもの。ところどころで力をえいやっと入れるところがあるので、翌日少し腕と背中にかすかな疲労感が残った。まあ大したことはないのだが。
 この日談合坂SAを少し過ぎたあたりで、左車線から細い「わっか」のようなものが、ポーンポーンとはずむようにこちらに向かってきた。何かなあと思っていたら前まできて、とうとう「ガツッ」とぶつかった。そして何かを引きずるような音が「ガーッ」と続くので路側帯に緊急停車してみてみると、針金のようなわっかがフロントのフックに引っ掛かっており、プラスチックの部品が噛み込んでいた。針金状のものはすぐ外れたもののプラスチックは取れないので、最寄りのPAまで行ってペンチで外した。高速では何が飛んでくるかわからないものである。
 それと高速の路側帯に緊急停車して降りてみたときの走ってくる他車の速さ! 後方確認して「今だっ!」という感じで降りて、乗り込むときも確認して「それっ!」という感じだった。それほど速度感があるものだった。
向こうに見える雲をわずかにかぶった八ヶ岳。いつみても気分がよくなる。でも常に注意していないと道路には落下物やら飛んでくるものなど、いろいろある。中央道では動物が出てくることもあるので、油断はできない。
■蓼科へ到着
 暖かい日ざし。近所の方の訪問
 蓼科の家(仮称)に到着して、ディレクターチェアに座っていると、近所の人が訪ねてきた。
 もちろん小屋以外なにも建物のない我が家にきたわけではなく、隣に建築中の家を見て「こちらの方ですか?」と聞きにきたわけだ。
 違うことを言うと、「道路の向こうの○○です。よろしくお願いします」と、ていねいにあいさつされた。いろいろ話していると、「よろしかったらウチに来てお茶でも飲みませんか」というので、せっかくなのでお邪魔することにした。
 ○○さんご夫婦は茨城県の会社にお務めで、金曜日の夜に茨城からこちらまできてしまうということで、やがて仕事を終えたらこちらに永住する予定とのこと。
 現在の家の環境のことや、夜中の麦草峠で、足音が聞こえるくらいの間近で鹿に出会って驚いたこと、この家を建てるまでいろいろなモデルハウスを見に行ったこと、庭をこれからどうするか嬉しい悩みがあること、とにかくすばらしいこの環境の中での暮らしを楽しみにしているとのことなど、いろいろお話しした。
 こちらこそよろしくお願いしますと行って別れた○○さんの庭には、茨城県からの道のりを走ってきたであろうトヨタ・ブレビスが、しばしの休息をとっているかのようだった。
木々の向こうに山並が見えるようになると冬の季節というのを実感する。夕方になるとさすがに寒くなり、エグザンティアの空間が本当にありがたく思える。
■ライトバンとしての
 エグザンティア
 んっー? ライトバンだって? エグザンティアが? という声が聞こえてきそうだが、後席を倒して(座面をいったん起こして背もたれを倒すダブルフォールディング・タイプ)、長さ約1.5メートル、最大幅約1.4メートル、最大高約0.9メートルの荷物スペースを作れば、極端な重量物でない限りライトバンのように積める。かつてマッキントッシュのパソコン「パフォーマ」を買いに行ったとき、梱包されたパフォーマというのは想像以上に重く大きく、普通のセダンならとてもトランクに入り切らないボリュームがあったのだが、エグザンティアは難なく積み込めたことがある。さらにその後このパフォーマを2台積んで、メモリー増設のため秋葉原の電気店へ走ったこともあった。
 エグザンティアには自転車を積んだこともある。最初から積もうとしたわけではなくて、銀座へ自転車2台で行ったとき、片方の自転車がパンクしてしまい、やむなく家に戻ってエグザンティアに積んで帰ってきたのだ。このときは意外にも自転車のタイヤをはずしたりせずに積み込むことができた。
 また家で使う木製の椅子を二脚買ったときもエグザンティアで運んだ。背もたれつきの大きめの椅子。普通の乗用車では難しいところだろう。
 音に関して。テールゲート付きの車は荷室からの透過音がどうしても気になるといわれている。エグザンティアも後席を倒して荷室にしていると、透過音やこもり音、あるいは路面騒音が大きくなるのがはっきりわかる。後席を起こしてリアの荷室のトレーを付けると、それらの隔壁により静粛な乗用車そのものになる。
この角度から見るとセダンそのものだが、実はバンパーの上からハッチの開く5ドアセダン。荷物を積んでも積まなくても車高は常にこの状態を保つセルフレベリング・サスペンションを備えている。
女神湖にて。我ながらよく飽きもせず同じところばかり行っていると思う。でも実際飽きないのだ。このエグザンティアの顔つきも飽きない。
青ーい女神湖。すばらしい青色。時間があったらあなたもぜひどうぞ。
 新しいミニログの並ぶJリゾート。これらのログは自分で組み立てたいという希望をかなえてくれるシリーズ。キット価格は安価なので、とても魅力的。
 この場所を拠点にエグザンティアはますますライトバンとしても動き回ることになるだろう。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア