満8年のエグザンティア
 96年式シトロエン エグザンティアを使い始めて8年が過ぎた。
 わが家の忠実な足として、大きなトラブルもなくこの8年と77277kmを走ってきたのである。
 風の日も雨の日も雪の日も、エグザンティアは確実に問題なく走ってくれた。
 乗用車として、今もって魅力を失うことのないエグザンティアの今回の燃費は11.4キロ。
■雪の少ない今年の蓼科
 ドライブって、本当に楽しい
 今年は昨年と比べて雪が少ないようで、今回も道路にはまったく雪・氷はなかった。早朝の暗いうちの出発でもそれほどの寒さを感じることはなく、蓼科の土地も寒いことは寒いけど、それほどではなかった。
 八ヶ岳の上方は当然のように雪で、天気予報では午後からくずれるようなことも言っていたのだが、穏やかな一日となった。
 蓼科行きの前日はいつも寝不足になりがちなので、今回はなるべく早く休むようにした。そのせいか、走っているときに眠気を感じたりすることは皆無で、エグザンティアの快適な車内でふだんはできない会話や音楽を楽しむことができた。ドライブは本当に楽しい。
紅葉の時期が終わり、冬のシーズン到来までまだ少し間があるかなと思ったのだが、高速道路の車の量は比較的多かった。
千住明の音楽がよく合う景色。千住明の音楽はまさしく映像の音楽なのだろう。ふと運転しているのを忘れてしまいそうな、そんな景色だった。
■近くのレストラン「歩庵(ぽあん)」で昼食
上)霜柱。関東では見られないほど高さがある(およそ7、8センチ)。

左上)冬用タイヤを装着して少しワイルドになったエグザンティア。その後ろの木々の向こうに車山や蓼科山が見える。
冬の走行ではすぐ汚れてしまうのでボディもこのところ洗車はしていない。ただし窓とライト類だけは、走る前にいつもきれいにしておく。

左)スキー場がオープンした車山。全体にまるっこくみえるのが特徴。この少し手前に白樺湖がある。
上)今年オープンしたというレストラン「歩庵(ぽあん)」のデザート。私にとってはおいしすぎるほどのもの。広い敷地の中にあるこの店は、夏のシーズンなどは混雑で入れないほどの人気の店。窓を大きくとってあるので、店内はとても明るい。窓から車山や蓼科山を見ることができるようになっている。ランチコースは2000円。
■ハーバルノートにて
ハーブ専門店「ハーバルノート」にて。写真左側がそうなのだが、店に見えない かもしれない。外観にがっかりしないで中に入ると、ぷーんとハーブの香りが漂い、なかなかいいのである。この店は本当に寒い季節になると店を閉じてしまうのだが、その雪と氷のときにスタッドレスを付けたエグザンティアで見にきたこともある。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア