雪と氷のビーナスラインを行く
 年が明けて初の蓼科行き。今回は、いつもと違うスキー場に行ってみた。
 エグザンティアの総走行距離は78,686km(8年2ヶ月)。今回給油分の燃費
 は10.5キロ/リッター。少し落ちたのは市街地走行があったため。
■待ち合わせて
 白樺湖ロイヤルヒルスキー場へ向かう
茅野市内に住むKさんの案内で、われわれはいつものスキー場でなく、「白樺湖ロイヤルヒルスキー場」に行くことにした。

スキーを借りて、国道152号線(通称大門街道)を通って白樺湖へ。

白樺湖へ行くには大門街道かビーナスライン経由になるのだが、距離は大門街道経由の方がずっと近く、諏訪インターから約8キロメートル。途中チェーン装着場があり、多くの地方ナンバー車が止まっていた。その中に紺色のエグザンティアも一台。たまに行く程度ではスタッドレスはもったいないかもしれない。
わが家のエグザンティアにつけてあるのはブリヂストン・ブリザックのMZ-03。サイズは185/65-15、ホイールは純正のスチール。

※なお、今回デジカメのクオリティ設定を間違えてしまい、通常より低画質になってしまった。
レンタルスキー屋「again」にて。いつもビーナスライン沿いにあるこの店で借りることにしている。エグザンティアの後席片側を倒すと、160センチと148センチのスキー板、ブーツやストックをすっぽりおさめることができる。
茅野市内から白樺湖に向かう大門街道は、下り側は完全に圧雪路で、これが日陰や夜間は凍結するということで、こうなると危険なので、Kさんは帰りは大門街道でなくビーナスラインをぐるっと回って戻るようにしているということだった。この道路は雪のない季節はもっと広く感じる。
白樺湖に到着、といってもわかりにくいが、中央の平らな所が白樺湖なのである。凍っているのである。湖の向こう側では「クリスタルフェスティバル」と呼ぶ氷の建造物の展示が行なわれている。この日はだめだったが、もう少しすると湖上を歩くことができて、わかさぎ釣りも可能になる。
白樺湖リゾートを通過。路面は雪と氷。ここを過ぎ、ビーナスラインを行くと下のロイヤルヒルスキー場への入り口となる。
ここが白樺湖ロイヤルヒルスキー場。中央のへこみはハーフパイプなるU字コース。このコースは小さく見えるけれど実はかなり大きい。全体に広くてなめらかで、ゆったり滑ることができた。広いので、いろいろ滑り方を考えたり、途中で止まったりしながら、少しずつ降りてくることができて、おおいにスキーを堪能した。いつも行く東急スキー場だと、滑りを考えるうちに終わってしまうのだった。

東急とは標高も違うし、木立ちも少なく風が吹くと随分寒く感じました。特に上の方や日陰、リフトに乗っているときはダウンのフードをかぶるほど…。かなり寒く感じたので、次回はもう少し厚着が必要だろう。
白樺湖ロイヤルヒルスキー場の駐車場での、りりしいエグザンティア。まわりに木がないせいもあってここの駐車場も本当に寒い! 今まではスキーを終えて車に戻ってくると体は暑いくらいだったのが、このときは、それこそエグザンティアに「逃げ込む」感じだった。つま先と手の指先がかなり冷たくなってしまったのである。

ヒーターで暖をとり、Kさんにお礼と別れを言って、一路ビーナスラインを蓼科湖方面に向かうことにした。スキーの返却と土地の様子を見るためである。
ビーナスラインは雪と氷で、サマーシーズンとは一変して独特な風景。コーナーと日陰に注意して、ていねいに走ればまったく問題なく走れる。コーナーと日陰の手前で充分速度を落として、エンジンブレーキを効かせすぎないように走る。二駆の場合は強すぎるエンジンブレーキはスリップの原因になる。エグザンティアは1速と2速のギアリングが高めなので、それをうまく利用して慎重に走る。
以前湧き水を汲んだところを過ぎたときは、この時期でも凍ることはなく、ちょろちょろという程度に水は流れていた。
「ああ、(冬は)こういうふうになるのだなあ」

■閉ざされそうな(!?)、わが土地に
 踏み入れる
土地に向かう道。ビーナスラインからいつも通っている道なのだが、完全に凍結路面。ずっと続く細かい凹凸。ここは交通量も少ないのだろう。慎重に走っていくと、車を停めて写真を撮っている人もいた。自動車というのはありがたいものである。こういうところへも移動の自由が可能なのだから。

さて実際に土地はどうなっているやら、不安と大いなる期待を持って向かっていくと…。
「あっ、見えてきた、雪だ、氷だ、入れるかなあ」
まあいつもの調子で「まっ、大丈夫だろう(動けなくなったら雪かきすりゃあいい)」と、入ってみたのである。
そろりそろりと踏み込むエグザンティア。ここは少し下りになっているのだ。ここからもっと進めて、すると当然のようにさらに深くなり、でも確実に歩みを進め、結局土地をフルに使ってUターンできたのである。車高を上げずとも一定のクリアランスを確保できるエグザンティアならでは。

エグザンティアから降りて、雪の感触を足で確かめるとずぶっ、ずぶっ、ぎゅっ、ぎゅっと深くめり込んでしまい、これはスノーシューが必要だなと思った。

小屋はつららが垂れ下がり、寒さを物語っているかのよう。ここで一晩はきついだろうなあ、と考えているだけでぶるぶるっときてしまうのだった。でも本当にあたりは静寂そのもので、もしこういう場所で音楽をきけたら最高だろう。

本当は定年後に始めようと思っていたスキーは、やれるうちからやろうと思いたって一年以上過ぎた。
そのおかげで趣味スポーツの欄に「スキー」と書ける程度にはなったと思う。これからも少しずつ続けていきたい。そのときの忠実な足になってくれるエグザンティアも、できるだけ長く使っていければという気持ちである。
土地へ踏み入れるエグザンティア。少し下りになっている。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア