白樺湖ロイヤルヒルスキー場の
 
エグザンティア
 使い始めて8年2ヶ月+
 総走行距離:79,146km
 今回給油分の燃費:13.5km
■広くて滑りやすい
 ロイヤルヒルスキー場
これまでは蓼科Tリゾートのスキー場がわれわれ初心者にはいいと思っていたが、少し標高の高いところにあるこのロイヤルヒルに来てみると、広くて、とても滑りやすく感じた。

前にアドバイスを受けたことを思い出して、腕を真横にして上半身だけ回して曲がったり、曲がるときに「下に落ちているものを拾うような気持ちで」とか、斜面の緩いところでジャンプしたり、練習を何度もくりかえした。広いのでいろいろできる。Tリゾートではこういうことを考える余裕が少なかったのである。
夕方までスキーをやっていると、やはり気温がグッと下がるのがわかる。道路においても同様なので、昼間路面が凍結していないからといって、夕方も大丈夫とは限らないことに注意。スキー用手袋をしていても、スキーブーツを履いていても指先は冷たくなってしまう。今回もエグザンティアに逃げ込むことになったのである。
エグザンティア右に立つ人がかぶっているのはミシュラン帽子。エグザンティアに乗るNさんからのいただきものである。重宝している。以前2in1(ツーインワン)スキー場に行ったときに、この帽子を見た若い女性が、「かわいい!」を連発していた。

この帽子には目と口が描いてあり、口は淵を折り返すと表に出てくるようになっている。
中央へこみの名前は「ハーフパイプ」というそう。ボード専用というわけでもなくスキーでも入れる。ただし午後3時ごろには滑走終了になり、そのあとは専用機械が入って、滑走面をていねいにならしていた。

夕方になるとリフトが空いてきて、つい「もう一本行こうか」となり、結局午後四時すぎまでスキーをやってしまった。
■夕景はきれい。でもその夕景より
 かっこいい車を作ってほしい
左)夕日を浴びる八ヶ岳。とてもきれい。

左下)大門街道は少し混雑。むこうに八ヶ岳が見える。この混雑を避けて少し別の道を行くことにした。前を行くノアはとても慎重な運転で大門街道を下ってきた。

下)左のメルセデスVクラスは、あまりの美しさに写真撮影のために停車したのかもしれない。
日没。これが近くなると誰しも家に帰りたくなる。どんな車に乗っていようと早く家に帰りたいという気持ちになるのである。それは事故の遠因にもなるのだから、自動車デザイナーには家よりいい車を作ってもらいたいと思う。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア