2in1とロイヤルヒル
 たまたま休みがとれたので、宿泊して2か所のスキー場を渡り歩くことにした。エグザンティアの総走行距離は
 79,615km(8年3ヶ月)。今回給油分の燃費は12.3キロ/リッター。
■デニーズにて
蓼科へ行くときはいつも早朝出発なので、朝食はいつもデニーズ茅野店と決めている。というより朝からやっているところが他にあまりないのだ(反対方向に少し行くとローヤルホストもあるが)。
ひんぱんに行くものだから、デニーズの従業員も顔をおぼえてくれてあいさつするようになった。

この日のデニーズは、なぜかいつもと違ってとても混んでいた。その理由はあとでわかるのだが(後述)、こんなにここが混雑していたのはめずらしい。駐車場も混んでいたのでエグザンティアは入り口から離れたところに止めた。
■2in1(ツーインワン)スキー場にて
初日に走ったビーナスライン。道路は雪・氷が溶けて部分的に地面が見えている。この状態ならノーマルタイヤでも十分いけるが、変化は急激だし、地面に近い部分が凍結していることがあるので、実際はノーマルで来るわけにはいかない

拍子抜けするほど暖かくなったこの日、このまま春になってしまうのかななどと思いつつ、ビーナスライン経由で、まずは2in1スキー場へ到着。
今回は1泊2日の予定なので、思う存分スキーをやるぞおっと意気込んできた。この2in
1は駐車場が広大なのが特徴で、一台一台の間も余裕のスペースで安心。

ここはシニア料金制度というのがあって、55歳以上だと通常リフト1日券3,800円が3,000円になるとのこと。
エグザンティアから降りてきたのはビバンダムではない。帽子をかぶっているだけ。

エグザンティアのテールゲートは、このように開く。スキー板やブーツは無造作に入れてある。エグザンティアの荷室はそういう使い方を受け付けてくれるのがいい。
スキーはカービングタイプなので、身長に対してすこし短め。とても曲がりやすい。
2in1スキー場の頂上付近からの写真。左側に少し見えるのが白樺湖。暖かい日とはいっても、そこはスキー場だから、特に頂上までくれば相応に寒い。夕刻ともなればやがてスキー用の手袋であっても指先は冷たくなり、ブーツも寒さを感じてきて暖かさが欲しくなる。ということできょうのところはここまでで、白樺湖畔のホテルに向かった。

■ホテルにて
ホテルの窓から見るスキー場、白樺湖ロイヤルヒル。このホテルは新しいし(新装になった)、全室バストイレ付きで、露天風呂があったりするのはうれしい。夕食朝食はバイキング形式。夕食の内容は生野菜数種、ハンバーグ、揚げ物、焼き魚、ご飯、パン、みそ汁、ふりかけ、漬け物、杏仁豆腐、ケーキ、コーヒー、緑茶など。アルコールは生ビール380円、缶入りビールが250円、発泡酒でいいよという人は180円。食事を楽しむ人には向かないかもしれないが、スキーがメインというなら安くていいのではないかと思う。

湖側の部屋からは各スキー場の他に、凍った白樺湖も見えるし、いいなあと思ってみていた。そのうちに雪がちらちら降り出してきたのだった。

最初は「ああ、雪だ雪だっ」などと言っていたのだが、そのうち猛烈な降り方に変わっていった。もういちど窓の外を見ると、「えーっ! すごいすごい!」という状態。

左はホテルに着いたときの様子。ここから雪がどんどん降り積もっていった。
朝は、こうだった。左は駐車場から白樺湖を見たところ、右は除雪車が活躍しているところ。ホテル内の駐車場だけは従業員が除雪していた。
これが朝のエグザンティア!。積雪は約25センチ。これほどの雪になると、用意していったアイスレザーではすこし役不足か。積雪が一部落ちているのは、隣のオデッセイで来た子供たちが、パンチをくり出すように朝遊んでいたせい。
商品名アイスレザー。おむすび形の一辺一辺がそれぞれ氷用、水用、雪用となっている。
降り積もっている雪を落としてみると、その厚みにびっくり。それらを落としてからアイスレザーを使った。こうしている間にも雪は降り続くのだった。
ガラス部はフロントもサイドも氷そのものがべったりと張り付いたガチガチ状態。以前の清里の時とは雪質が少し違うようで、あの時は12月だったし、気温の違いもあるだろう。吹き付けているのはホルツのディ・アイサー。エンジンをかけてデフロスターと併用すると効果的。

白樺湖ロイヤルヒルにて
左)ホテルを出発してすぐの白樺湖周辺道路で、どっさりの大雪
右)まだガラスの氷が溶けずに写っている。がりがりのかき氷状態。ここはめずらしくほんの少し渋滞。先でノーマルタイヤ(らしい)マイクロバスが坂道発進できずにいたせい。
ロイヤルヒルに続く道は一応除雪はされている。新雪・圧雪・一部凍結という、スタッドレスのテストになりそうな道だった。
そして到着したロイヤルヒル。思ったよりは空いていた。準備運動をして、いざスキー。ただし今日は午後はやめに切り上げることにした。

■雪のビーナスラインを抜けて
スキーを終えてジェイリゾートへ行くためにビーナスラインを蓼科方面へ向かった。ビーナスラインは昨日とはうってかわって積雪・圧雪路。

エグザンティアの2速と3速を使って慎重に走る。休日ではあるが対向車も少なくて走りやすい。まわりの自然の景観のすばらしさ! エグザンティアに感謝したい。
茅野市のジェイリゾートに到着。広町さんは冬の間の仕事のひとつとして「作品」を作っていたのである。
「どうですか?」と広町さんから聞かれたのが下の作品。
広町さんに、朝デニーズが混雑していたことを言ったら「ああそれは御柱祭りの打ち合わせですよ」と教えてくれた。
全国的に有名な諏訪の御柱祭は7年に一度開かれる祭りで、今年がそれに当たるのだという。
祭りの年は、地元では新聞から何から何まで御柱一色といっていいくらい熱が入るのだそうだ。
また少しの間こられないので、蓼科の風景にさよなら。
 シトロエンへ戻る トップヘ戻る

●2005年のシトロエン
 同窓会へ… 感謝感謝と諏訪湖 ワイナリー祭、紅葉 限界に達した… 元気かい 100,000 博物館と白川郷と
 
蓼科の新しい風 高原への誘いと… 諏訪交響楽団 ランチとおやつ ワイン工房… 奈良井宿へ 春の装い
 対照的な2台 新記録! またも白樺高原国際 蓼科東急スキー場 スキーヤーだけの… 大雪の蓼科を走る
 カーオーディオ

●2004年のシトロエン
 車検 C5に乗る!(後編) C5に乗る! 編笠山登山と 新タイヤ 糸魚川へ行く 405と… ログハウスを作る
 いとうと蓼科東急 理想のセダン ヴィラデスト バレエと蓼科 初夏の蓼科 諏訪大社御柱祭 Xantia vs Silvia
 春の蓼科にて 逗子・葉山・藤沢 最後のスキー ピラタス 2in1とロイヤル
 白樺湖ロイヤル… 雪と氷のビーナス…

●2003年のシトロエン
 満8年 ライトバン 
紅葉の蓼科 蓼科の秋 秋のバラクラにて 秋の蓼科と 休業のお知らせ
 
ホテル・エグザンティア